TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

記録写真「日本タクシー乗場」

昨日から解体工事が始まった「日本タクシー乗場」。
ここはその昔、チンチン電車(市電)の駅だったところです。
昭和25年まで、美濃町線の始発・最終駅だったんです。

美殿町側から

美殿町入り口から

神田町側から

柳ヶ瀬側から

柳ヶ瀬側から

チンチン電車の駅後は、証券会社の建物でもあったと聞いています。
その証拠に金庫が今でもあるんです。

金庫の扉

金庫の扉がある場所から入ってみます。

2階のガラス部分は部屋になっていますが、写真右部分の上る階段は板で塞いであります。先に進むと・・・。

タクシー乗場として使用されたときに設置された「ターンテーブル」があります。タクシーが頭から進んでこのターンテーブルに乗り、天井から下がっているボタンを押すとくるっと自動車が回って道路側に車の頭を持ってこられるんです。子供の頃、この光景をよく見ました。さらに先に進みます。

この下に金庫があります。

この下の壁は多分取り壊したんでしょうね。先に進んでみます。

裏側に金庫の扉がまたありました。ここから出し入れしてたんでしょうね。

さらに先に進んでみます。

この部分も多分壁を取り壊したんでしょうね。中庭に出ました。

左の部分に部屋らしきものがあります。入って見ます。

食堂のような部屋でした。このとなりはトイレでした。

壁がはがれて朽ち果てています。
昔この2階に、四代目の同級生の女の子が住んでいました。
多分この朽ち果てている壁の向こうが部屋だったんでしょうね。

金庫がある側から道路側を見ました。

11月には新しい建物が建っている予定とのこと。
どんなことになっているか、新しい美殿町の顔になれるのか、気になるところです。最後に、美殿町からもう一度見てみます。

9月 14, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply