TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

お座敷遊び

昨年末、日本の旦那衆の遊びであった「お座敷遊び」 を楽しませていただいた。

 四代目が縁あって理事を勤めさせていただいている【 協同組合 NCリンク 】 さんの役員懇談会があったのです。四代目が理事に就任してまだ2年も経過していないので、役員懇談会は始めての行事でした。もともとは毎月の理事会にて積立金をプールして、年に1回旅行に出かけていたそうですが、今年は旅行の参加人数が役員総数の過半数であったため懇談会になったようです。場所は岐阜市の歓楽街にある「料亭 むつ富」でした。ここの女将さんは安田屋家具店のお客様で、つい先日も正座椅子のお届けを四代目がしたところでした。家具のご配達でお伺いしたことはあるものの、お座敷でお料理を食すのは初めてのことです。初体験にワクワクします。

 美味しい食事をいただき、美味しいお酒もいただき、古きよき時代の「お座敷遊び」が始まりました。テレビもインターネットも無い時代の旦那衆のよき遊びだったんでしょうね。芸子さんが2名お座敷におられました。

まずは「神楽かなえ」お姉さまによる三味線と長唄です。

お若い時はさぞかしきれいだったんでしょうね。
今もその面影があります。
またかくしゃくとしていて、男気のある姉御肌だったんではないかと勝手に想像していました。

 美殿町キモノマーケットを主催している関係上、どうしても着物姿に目がいってしまいます。帯はなんと「河童」がお月見をしている図柄でした。なんとも粋ではありませんか。

【 協同組合 NCリンク 】の長村理事長さんからの「信長を舞って欲しい」とのリクエストで・・・・・。

三波春夫の歌「信長」が演奏されると・・・・・、

かっこよかったぁーー。
タイムマシンで50年ほど前に出かけていき、お会いしたいものです。

 懇親会が終了して数日後、この記事を書き込んでいく中で知ったのですが、かなえお姉さまに関する記事が朝日新聞に掲載されていたようです。こんな記事を発見しました。「岐阜花柳界のベテラン芸者、佳那恵さんは「岐阜の人は思い入れが強いのでしょう」。佳那恵さんにしか踊れない踊りがある。「信長」だ。1992年、当時の 蒔田浩市長に三波春夫さん作詞作曲の「信長」の振り付けを頼まれて以来、17年間踊り続ける。信長の一生を表現した8分間の勇壮な踊りに、今も客のリクエ ストは少なくない。」

なかなか経験できないことを体験させていただき、素敵な女性に出会え楽しい時間を過ごしました。明日からまた仕事をがんばりましょう。

1月 9, 2011 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply