TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

インターンシップ受け入れ

 えらいことです。
 安田屋家具店創業以来、初めての出来事です。
 な、な、なんと、安田屋家具店が「インターンシップ」として大学生を1名受け入れることになったのです。

 それは7月初めのことでした。
 1本の電話が鳴りました。

 出ると「岐阜女子大学ですが、学生が1名御社でぜひインターンシップを行ないたいと希望しているのですが、受け入れは可能でしょうか」という内容の電話でした。インターンシップ???、聞いたことはあるが、何なんだぁー。【インターンシップ】とは、学生が一定期間企業等の中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度。そんな就業体験の場として、まさか名もない街の小さな家具屋さんを指名していただくなんて、まっ、光栄と言えば光栄です。それにしても「シャルドネ」とか、「平塚家具」、「服部家具センター」、「マリアージュ」などの大きいおしゃれで若者向きのインテリアショップから、家具店まで他に多々あるのに、街の家具屋さんに徹している安田屋家具店に体験希望をだされるなんてね。うれしいではありませんか。お役に立てるなら光栄です。

 1週間程度の日程とのことなので、受け入れることとしました。

 そして7月22日~30日までの1週間、安田屋家具店で街の家具屋さんの体験をしていただくこととなりました。揖斐郡からわざわざ通って来てくれる若干21歳のTさんです。そういえば岐阜女子大学には、お客様のY様が教壇に立っておられる学校ではありませんか。学生プロフィールを見てみると、アドバイザー名にY先生のお名前がありました。安田屋家具店を推薦していただいたのでしょうか。

 インターンシップ生のTさんには、安田屋家具店ホームページにて体験談を書いてもらいたいですね。どんな風に安田屋家具店をご覧になったのか興味身心です。乞うご期待。

 さて今日は、椅子張り職人さんの工房に同行してもらいました。その工房で職人さんの家族のケン太君と一緒に記念写真をパチリ。

8月 24, 2011 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply