2019年3月に日本国内での「RABBIT」刻印の丁番金具の生産が終了しました。この丁番は安価な中国産の金具と比べて、はるかに耐久性が高く、代替金具として多くご利用いただいていました。

しかし現在の家具では、この構造の丁番金具は使用されなくなり、需要が減少したことで徐々に生産する工場も減少し、とうとう昨年3月に日本国内での生産が終了したのです。そのため日本国産丁番は、工場が在庫している在庫限りとなりました。

特に在庫数が少なかったサイズ「15-20」は、昨年3月時点で工場に残っていた在庫を全て安田屋家具店が買い取ったのです。

それから1年が過ぎ、とうとう安田屋家具店の在庫数もわずかとなった数日前、「15-20」サイズのご注文が相次いであり、在庫が無くなってしまいました。

2020年3月31日時点で安田屋家具店の在庫は0です。

完売です。

これは困ったと安田屋家具店専属の金具問屋の大将に相談に行ってきました。対象はすぐに全国どこかの金具問屋に残っていないか工場に確認したり、同業者に聞いてくれています。数日中には返事が来る予定ですので、「15-20」サイズをご入用のお客様、今しばらくお待ちください。

どこかに「15-20」サイズが残っていることを祈るばかりです。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 30, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)