TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

Cassina(カッシーナ)椅子キャスター

先日、高級家具「Cassina(カッシーナ)」社製のデスクチェアー「Alias」ローリングフレーム メッシュチェアーの脚先に取付けてあるキャスターが破損したことをお伝えしましたが、その後日談です。

お客様が同じ仕組みのキャスターを探して購入したものの、差し込み部分のサイズが合わず取付ができなかったとのことで、安田屋家具店で探して欲しいとご依頼を受けました。

お客様はCassinaの日本総代理店であるCassina ixc.(カッシーナ・イクスシー)に相談されたそうですが、購入証明がないと対応不可と言われたそうで大変困っておられるご様子です。椅子自体は非常に気に入っているので引き続き使いたいとのご希望です。

メーカーが対応してくれず、ほとほと困り果てて安田屋家具店に相談いただきました。

それにしてもどこで購入しようが、親戚知人友人から譲り受けようが、たとえヤフオクやメルカリで手に入れようが、Cassina社の商品であることに間違いはないのだから、購入証明が無いと対応不可とはなんだか不親切ですね。

そもそもキャスター部品は消耗品なのだから、将来必ず取替える必要が出てくるものです。年数が経過して同じ部品が無い場合は、代替品情報をお伝えするとかの手立てはあると思うのですが・・・・、何もアフターサービスで交換して欲しいと考えているわけではないのですから。

Cassina社製の商品は高級家具です。決して安物家具ではありません。でも今回の話を聞き、少しCassinaのイメージが変わりました。とても高価な使い捨て家具ではないかと思ってしまう四代目です。

さてお客様から破損したキャスターが届きましたので、早速確認してみます。

以前にも同じような破損状況を見たことがあります。やはり同じような高価格の輸入家具のキャスターでした。車輪周りがポロポロと欠け落ちていく症状でした。Made in Italyに多い破損症状ではないでしょうか。

お預かりしたキャスターをじっくりと観察して、代替キャスターを探し始める四代目です。

【関連記事】
Cassina(カッシーナ)椅子キャスター1
Cassina(カッシーナ)椅子キャスター2

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
9月 25, 2022 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply