TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

丁番金具を探しています

丁番金具の表に「NORMA」、 裏に「MURAKOSI PRAMETA MD30-5A MADE IN JAPAN」と「MD30-301-1」と刻印されている丁番を探しています。もし、該当する商品があれば3ケ欲しいと思っています。その場合の値段と送料を教えて下さい。もし、ない場合には、代替品としてどんな丁番を使えば良いのかも教えて下さい。宜しくお願い致します。

北川

安田屋家具店からの返信
丁番金具の写真を拝見いたしました。かなり古いタイプの金具で、残念ながら現在では製造しておりませんし現存していません。アングル丁番金具とスライド丁番金具のどちらともいえない金具です。

修理方法としては、現在のスライド丁番金具に取り替えることで可能です。扉側に彫られている穴の直径が35㎜であれば扉加工も必要なく交換ができます。穴の直径をご確認ください。小さい金具であれば、直径が25㎜というのもあります。

1140mmp_ndt90_00e

現在の金具と大きく違う点は、家具本体に取り付ける部分が、現在の金具では丁番一体型となっていますが、スライド丁番金具では、扉側部分と、家具本体部分が分離するようになっています。したがいまして、家具本体側に丁番受け金具を取り付ける必要があります。

スライド4

スライド5

写真を拝見すると、扉が家具本体の側板の前にかぶさっているタイプだとおもいますので、「かぶせタイプ」だと考えられます。スライド丁番金具の種類としては「全かぶせタイプ」「半かぶせタイプ」の 2種類あります。

スライド スライド2

違いは扉を閉めた時に、家具本体の側板木口ほぼ全てを扉が覆いかぶさっているタイプが「全かぶせタイプ」、扉を閉めた時に、家具本体の側板木口の半分だけ扉が覆いかぶさっているタイプが「半かぶせタイプ」となります。 詳しくはコチラをご覧になって、どちらの金具がご確認ください。

スライド丁番金具の仕組みを理解していれば金具取付は難しくないですが、一般の方であれば、街の古くから続く家具屋の専門家にご依頼されることをお勧めします。ムラコシ製でなければ、同様のスライド丁番金具は、ホームセンターでも販売しています。

早速、適切なアドバイス大変有難うございました。この資料を参考にホームセンターに行ってきたいと思います。 今後ともご指導方、宜しくお願いいたします。  71歳の老人より

5月 12, 2013 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply