TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

イームズラウンジチェアー

引越業者さんからイームズラウンジチェアーが安田屋家具店に持ち込まれた。

s-s-IMG_8095 s-s-IMG_8096

引越作業中に脚先に取り付いているアジャスター脚2個なくなってしまったので修理して欲しいとの相談でした。

s-s-IMG_8099

デザインは確かにイームズラウンジチェアーですが、なんか重厚感がないんですね。オリジナル商品ではなく、ジェネリック商品の可能性が高いです。

s-s-IMG_8098 s-s-IMG_8097

と思いつつも、まずは正規品であるハーマンミラー社のイームズラウンジチェアーを確認してみると・・・・、アジャスター脚部品の形状がやはり違いますね。 ということは、ハーマンミラー社に相談したところで正規品ではないので玄関払いされるだけです。

う~む、困った。
とりあえず持ち込まれたイームズラウンジチェアーをよく観察してみる。 脚先についるアジャスター脚部品は、一度脚先に入れ込んだら抜けないようになっている構造のはず。運搬途中でどうして抜けてしまったのだろうか????、とアジャスター部品をさわっていると・・・・、

s-s-IMG_8093

あれれれれれれれれ 簡単にスポッと部品が抜けてしまった。 そ、そ、そんなバカな。 しかし現実に抜けてしまった。心棒の先にはビニールが巻いてある。このビニールは部品を差込んだときの緩みを無くすために付けてあるんでしょうね。ずさんな仕上げ方です。抜けてはいけない部品が簡単に抜けてしまう構造では、運搬中になくしてしまうこともあり得ますね。その時に外れた部品を見つけていれば、簡単に差込婿とができたのに・・・・、なくしてしまってはねぇ。

イームズラウンジチェアーは正規品で60万円前後していますが、ジェネリック商品になると下は45,800円から、18万円前後までと価格差があります。本革を使用していたり、合成皮革(ビニールレザー)によって価格は変るものの、本体の素材によっても変動するんでしょうね。

同じジェネリック商品であっても45,800円と18万円はさすがにその違いは見分けられるのでしょうが、45,800円と8万円前後の商品の違いは、家具のプロである四代目にもわからないでしょうねぇ。 しかし正規品で60万円、その10分の1以下で、雰囲気だけは味わえるというのは、良しとするか、悪しきとするか。

正規品の60万円というのもちょっとどうなのといえないこともないですけどね。欧米産で価格が高ければ日本人は飛びつくと思っている節もありますからね。それに乗ってしまう日本人もどうなの、ということになりますわな。

さてお預かりした商品が正規品ではないことが確実にわかったので、では同じジェネリック商品がないか探すことにしたのでした。 つづく

7月 23, 2013 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply