TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

カリモク製食器戸棚

平成元年購入のカリモクの食器棚の、アングル丁番金具「15×20」が壊れました。 アングル丁番金具「15-20」を購入しようと壊れたアングル丁番を調べると、カップ径は35ミリで、穴の長さが22ミリ、深さは6.5ミリでした。安田屋家具店ホームページにあるアングル丁番は、穴の長さが27ミリと穴の位置が違うようです。穴の長さが22ミリのアングル丁番のお取り扱いありますでしょうか?

s-IMG_8037 コピー

安田屋家具店からの返信
アングル丁番金具15-20は現存している金具ですが、ご指摘の穴の長さは27ミリに現在は仕様変更になっています。そのため旧タイプの穴の長さが22ミリは残念ながら現存していません。現在の穴の長さが27ミリタイプに取り替えることとなります。

15-20-2

そのため扉側の穴の先端を若干彫り広げる作業が必要となります。彫刻刀があれば多少時間がかかっても根気よく金具がはまり込むまで彫り広げればできます。金具と同じ形状にならなくても、金具がはまり込む大きさに彫り広げればよいので、それほど難しい作業ではありませんので、一般の方でも道具さえあればできます。彫り広げる作業ができない場合は、近くの街の家具屋に依頼されることをお勧めします。金具は1個税込450円です。送料は別途となります。ご入用の際はぜひご連絡下さい。

お客様からご返信
回答有り難う御座います。現存しないのですか、残念です。時間があるときに、穴を広げてみたいと思います。 また、金具が必要になったときには、宜しくお願いします。

2月 5, 2014 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply