TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

16-15と24-20は違います

食器戸棚に使用しているアングル丁番が破損したので取り替えたい。(両開き扉の片方の側に付いている3個のうちの1個)安田屋家具店ホームページに載っているRABBIT24-20と同じ形状のものだが、取り付けられていたものの型番は、16×15となっている。24-20でも取り付け可能か?

安田屋家具店からの返信 食器戸棚に使用しているアングル丁番ですが、破損した現在食器戸棚に取付いている金具の刻印(サイズ)が、16×15ということですと、同じサイズに取替えなければ なりません。違うサイズに取り替えると扉の開閉に支障が出ます。そのためお問い合わせの24×20での取替えはできません。 アングル丁番金具16×15の形状と24×20の形状は同じですがサイズが違いますので「アングル丁番金具16-15」をご用意されて取り替えられるようにしてください。

アングル丁番金具16×15は、扉の厚みが16ミリ、家具側板の厚みが15ミリの家具に取り付けるための金具サイズです。

16-15gb3

16-15

16-15-1

一方、アングル丁番金具24×20は、扉の厚みが24ミリ、家具側板の厚みが20ミリの家具に取り付けるための金具サイズです。

24-20se31

24-20

24-20-1

尚、1枚の扉に新旧の金具が混在すると金具の耐久性が落ちますので、取り替えられるときは必ず1枚の扉についている金具(関戸様の場合は3個)を同時に取替えてください。 金具は1個税込450円です。金具の色は「こげ茶色」と「ゴールド色」の2色ありますのでご指定下さい。

2月 19, 2014 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply