TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

続リニア駅発展起爆剤はどうなの

四代目の社会時事ネタの続きです。
2027年に開業が予定されている『リニア中央新幹線』ですが、中津川に『リニア中央新幹線』の駅が出来るということは、観光客が下車するよりも、中津川市民が中津川から流出することの方が多くなると いうことを考えないとね。中津川-東京、中津川-大阪が日帰りできる場所になるほど便利になるわけですから、名古屋を通り越して、東京へ行ってしまう中津 川市民が今よりも多くなるわけです。

大阪の方がもっと近くなるわけですから、大阪へ行く中津川市民も多くなることも考えられます。6大都市の田舎都市とい われる「名古屋」での購買は減少し、東京・大阪でお買い物、なんてことがおきるわけです。中津川市民の流出が多くなれば、中津川市内での購買額も減少する わけです。中津川市民が都会にスポイドで吸い上げられてしまうことになります。

リニア

若者は短時間で東京・大阪にいけるようになるわけですか ら、中津川市からどんどん流出していくことは容易に想像できます。途中下車する乗客による経済効果アップや街の賑わい発展よりも、人口流出による人口減、 経済減少、街の寂れがおきるわけです。過去の他都市の事例を見れば容易に想像がつくはずなんですがね。便利になれば、その裏で必ずどこかが寂れていくこと を・・・。表裏一体です。いっそのこと、

中津川市に『リニア中央新幹線』の駅はいらない

と発表し、どうしてもつくりたければどうぞと いうスタンスでいいと思います。JR東海がどうしてもつくりたいと言えば、JR東海の資金で駅が作られるわけで、中津川市の税金を使わなくてもいいわけで すからね。JR東海が駅を作らないとなれば、人口流出は起きないわけですから、どっちになっても損は無いと思うんですけどね。

ますます世の中が便利になれば、それこそ将来は、陸の孤島みたいな、近いけど不便でなかなか行きづらい場所に人気が出ると思います。陸の孤島を目指す考えも「あり」だと思います。

四代目が住む岐阜市民にとっては、交通の不便さからまず中津川駅を利用して『リニア中央新幹線』は使わないでしょう。使うならば今までどおり名古屋駅を利用することになります。だから中津川市に駅が出来ても出来なくても、どうということはないです。何の問題もありません。今とかわらないでしょうしね。

だからこそ余計に駅が出来ることによって逆効果がおきることを人事ながら心配してしまいます。寂れてしまってから「しまった」と思っても、もう後の祭りです。元には戻せません。中津川市そのものが消滅してしまうなんてことにならないよう・・・。

中津川の皆さん、よ~く考えてみましょう。
観光客増加よりも、人口流出になりますよ。
あと14年後のことではありますが・・・・。
今、『リニア中央新幹線』駅設置が発展の起爆剤と言っている市長や議員の多くはリタイアしてるか、この世にいないかの年齢になっている頃ですし、中央官僚の多くも定年でいない頃ですよ。

政治家や官僚に躍らせられないよう、くわばらくわばら。

12月 5, 2014 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply