TOPページ »聴神経腫瘍闘病記 » 聴神経腫瘍摘出手術 退院後 » この記事

6年前の今日、入院しました

もう6年も経過したんですね。
光陰矢の如しです。

6年前の今日、2011年3月1日、四代目の聴神経腫瘍の摘出手術のために東京警察病院に入院した日です。あの時は不安でいっぱいでした。頭蓋骨に500円玉程度の穴を開けて、脳をちょいと持ち上げて、良性腫瘍の聴神経腫瘍を取り除くって言う大手術ですからね。

頭蓋骨に穴開けられる手術に不安を感じない人はいないでしょう。でもあの不安な日から6年が経過した今日、手術前となんら変わらない生活を送っています。これも聴神経腫瘍のスペシャリスト「河野道宏」先生のおかげです。

本当に良き主治医にめぐり合うことができた、インターネットの力と神様、ご先祖様に感謝するばかりです。

今年6月に東京警察病院で手術後6年目検診に、河野道宏先生の外来診察に行ってきます。

今は東京医科大学病院 脳神経外科主任教授になられ、毎日診察、手術、検診、授業と超多忙な日々を過ごされている河野道宏先生なので、1年前から外来検診予約を入れないと希望する日が予約できません。でもって1年後の河野先生の予定は確定しているわけでもなく、なかなか確実に希望日の予約が取れなかったです。

タフな河野先生ではあるものの、四代目と年齢はほぼ同じお年頃。河野先生のお体を心配してしまいます。6月の外来検診でお目にかかれるのが楽しみです。でももう覚えてないだろうなぁ。

 

3月 1, 2017 · Posted in 聴神経腫瘍摘出手術 退院後  
    

Comments

Leave a Reply