TOPページ »家具リフォーム・修理 » 籐家具修理 » この記事

座面籐シート張替完了

先日お伝えしましたアルテジャパン製の「チェスカチェア」の座面籐シートの張替が完了しました。

s-IMG_3361

今回も「五分カゴメ編みシート」を使用しました。無塗装の生地仕上げです。そしてこれが張替え完了後の座面です。

s-IMG_3362

張替えたばかりの籐シートは、白っぽい色をしています。

籐シートは消耗品であるため、簡単に張替が出来るように木枠の渕周りに溝が彫られていて、そこに籐シートを入れ込み、籐丸芯で押さえ込んで止める「溝決め込み仕上げ」を採用してあります。

s-IMG_3255
張替え前

s-IMG_3363
張替え後

写真上部の部材は、今回張替を行わなかった「チェスカチェア」の背もたれ部分です。写真下部は、今回張替を行った座面です。

s-IMG_3364

張替えを行わなかった背もたれ部の籐シートは、長年の使用による色の変化で、とても良いアメ色に変化しているのがわかります。新品時は、今回張替えた座面と同じ白っぽい色だったことを忘れてしまうほど、いいアメ色をしています。

今回張替えのご相談時に、背もたれと同じ色に着色して欲しいと希望があったのですが、自然に変色した色を人工的に出すのはとても難しいこと。さらには籐材に塗装を施すと、籐表面をコーティングしてしまうことになり、伸縮性が失われ、耐久性が低くなることをお伝えし、無塗装の生地仕上げにしていただきました。

5年、6年と経過していくうちに、座面シートも自然なアメ色に変化していき、最終的には背もたれと同色の色に落着く過程を楽しんでいただくことにしました。

s-IMG_3365

とはいっても毎日見ることになるので、徐々に色が変化していくことには気づき難く、いつの間にか同じ色になってしまっているのですが・・・・。

今回の張替え費用は、税込み15,800円です。 お客様宅から当店、当店からお客様宅までの往復の送料は別途必要となります。修理期間はお預かり後約10日前後です。

籐シート張替えは、ぜひ、安田屋家具店専属の籐職人にお任せください。

【追加記事】
お客様より御礼のメールが届きましたのでご紹介します。
大変お世話になります。 本日修理完了品を受け取りました。 大変きれいに貼替をしていただきましてありがとうございました。 また何かありましたら相談に乗ってください。 今回は本当にありがとうございました。(5/20)

5月 19, 2015 · Posted in 籐家具修理  
    

Comments

Leave a Reply