TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

NTT DOCOMOに決別

約20年間、携帯電話を契約してきたNTT DOCOMOと、とうとう決別しました。

7年間愛用してきた携帯電話、今では「ガラケー」と呼ばれているSHARP製SH704iの電池寿命が限界に達していた。

s-img_6487 s-img_6488

100%充電でも、2分ほどの通話で電池切れしてしまい、使い物にならなくなりました。ちなみに「SHARP製SH704i」以前は、NTTドコモの第二世代携帯電話(mova)端末であるパナソニック製ムーバP211iでした。それ以前の機種はすでに手元に残っていませんでした。

s-img_6486

この20年間、旭川市の家具展示会時に帰りのタクシーに携帯電話置き忘れて岐阜に帰ってきてしまい、宅配便で携帯電話送ってもらったこともありました。2度落として紛失したものの、2度とも親切な人に拾われて戻ってきました。四代目は落としたことも忘れていたのに長女が家の前で拾ったこともありました。20年は長い歴史ですね。

7年前に機種代0円で契約したSHARP製SH704iは、デジタルテレビ放送やデータ放送を受信できる「ワンセグ」機能がついていて、配達途中の時間調整時に軽トラックの中でテレビをよく見たもんです。折りたたみ式なのに画面がクルッと回転したりして、当時の最新機種だったんです。

s-img_6490

さて使用していた「SHARP製SH704i」は、電池寿命だけでなく、メール送信はできるものの、受信ができなくなったのです。電池パックをヤフオクで購入して使い続けようとも考えたが、交換したところで遠からず使い物にならなくなることは、四代目でも理解できる。

そこで機種変更を相談しにDOCOMOショップに行った。スマホではなくて長年使いなれた折りたたみ型のガラケーにしようと考えていた。

従来型の携帯電話機種は2種類ほどしかなかった。ガラホと呼ばれる折りたたみ型携帯電話にスマートホンのOSを搭載した機種が3種類ほどあった。

四代目はLINEはしないし、通話とメール送受信する程度なので、ガラホよりもガラケーで十分と四代目は思ったのでした。 しかし・・・・・、

説明を聞くと機種変更は意外と高額であることに愕然とした。機種代が高いのである。

他社からのりかえ(MNP)だと機種代は0円。
なのに機種変更だと2万円程度支払わなければならない。

なんということか!!!

20年もの長期にわたり携帯電話代を支払ってきた、商売では「上得意様」と呼ばれる長期契約者がぞんざいに扱われていることに憤慨してしまった四代目。ただこれはドコモだけのことではなくAUやソフトバンクも同じ扱いなんですけどね。

20年ドコモを愛顧していても・・・・、こんな扱いかぁ!!、虚しい。

虚しい気持ちのままDOCOMOショップを後にしたのでした。すると一緒についてきてくれた奥様から「私が契約している「Y! mobile」にしたら。家族割が使えるし、通話とメールだけなら「Y! mobile」でいいと思うよ」

そうなんです。
四代目一家は、次女が高校入学したらスマホを持つということから、奥様がDOCOMOから「Y! mobile」にのりかえると同時に家族割で次女も「Y! mobile」に新規契約したのでした。ちなみに長女はAUからソフトバンクにのりかえiphone6を使用しています。

そうだなぁーー。
考えてみるか。
スマホねぇーー。
それから四代目は、「Y! mobile」の口コミや、ソフトバンク・AUへのりかえ等をせっせと調べるのでした。 つづく

11月 10, 2016 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply