TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

Stokke ストッケ塗直

K様より「トリップトラップ」チェアー塗り直しについてのお問合せがあった。

トリップトラップチェアの塗り替えについて。
現在使用中の「トリップトラップ」チェアー青色から白色への塗り替えを希望しています。おおよその金額、オーダー方法・手順について教えてください。

s-IMG_7262

安田屋家具店からの返信
現在の青色を白色に塗り直すことはできます。
塗り直しに関しては、現在の青色を全て削り落として木地の状態にすることができません。その理由は、トリップトラップチェアーの材質は、合板の表面に ブナ材板目の紙の薄さの突板を貼ってあります。

現在の色をすべて削り落とすとブナ材板目突板も削り落としてしまい、合板表面が出てしまいます。合板表面では塗装の仕上がりがきれいに仕上がりません。

したがって、現在の青色塗装が薄く残った状態で白色のウレタン塗装を行い仕上げます。 通常使用で塗装が剥げることはありません。ただしぶつけたり使用の摩耗によって塗り重ねた白色が剥げて下地の元の青色が出る場合がありますことをご了承ください。 支柱とダイニングテーブル天板が当たる部分がなりやすいです。

また特に支柱の溝部分と座板・脚乗せ板の木口は摩耗することが多い部分なので、色落ちが他の箇所よりも早いことが考えられます。ただし目立たない部分なので気になることはないと思います。

トリップトラップの多くの塗装色の場合、木目が薄く出ている塗装色もありますが、塗り直し修理においては木目が表面に出ないベタ塗となります。

またオリジナル本来の塗装種類は「ラッカー塗装」とのことです。ラッカー塗料は、長く使用していると艶がなくなったり、はげたりする場合もあるようです。安田屋家具店が塗り直しに使用する塗料は、一般的な家具に使用されるウレタン塗装仕上です。

ウレタン塗料は、塗膜(木地の上にできる塗料の層)の厚さや硬度にも優れ、表面が劣化しにくいのが特徴です。しかも安田屋家具店の職人が使用する塗料は「エコ塗料」と言い、人体に有害なホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどの有害物質を含まない安全塗料です。

ウレタン塗装とラッカー塗装の違いはコチラ「ラッカー」と「ウレタン」の違い」に詳しく説明されていますのでご覧ください。

塗り直し修理費用は税込み1脚17,000円です。往復の送料が別途必要です。

椅子本体を分解していた上で発送すれば送料は安価となります。岐阜市近郊であれば当店より引取、お届けを無料で行います。

塗装種類は家具に使用されるウレタン塗装仕上です。修理期間は商品お預かり1週間~2週間後の発送となります。 ご修理を希望される場合は、ご連絡ください。そして椅子を分解して支柱×2、座板×1、 脚乗せ板×1、横木×1、背板×2の木部のみお送りください。

s-IMG_7255

金属の棒、ネジはご自宅に保管ください。

4月 19, 2017 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply