TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

折れ戸クローゼット金具

O様よりクローゼットの折れ戸に使用されている金具に関するお問い合わせがあった。20年経過しての破損のようです。

O様より
1994年築の家のクローゼットの蝶番が壊れそうになっており、代替品を探しています。 時期的に安田屋家具店ホームページに掲載してあるこちらの商品が代替になるかと思いますが間違いないでしょうか?
「クローゼット扉用 旧型丁番の代替金具A」

s-P_20170404_1

s-P_20170404_2

4箇所ついていてすでに2箇所は壊れているようなので、間違いなければなるべく早く購入したいと思います。 壊れていない蝶番を確認したところ、添付の写真のものでした。側面から測る限りでは穴の深さが5mmなのでスペーサーがついているものでないとだめだと思います。

s-P_20170405_3

取り付け方法、注意する点等あれば合わせて教えていただきたいです。よろしくお願い致します。

安田屋家具店からの返信
破損金具の写真を確認しました。
金具についているマークのような刻印を確認しましたので、お問合せの商品ページの金具で間違いありません。破損した金具はすでに生産中止で現存していません。そのため同じ工場が金具の性能を向上させて生産している後継金具での取り換えとなります。

s-IMG_5697

同じシリーズの現在の金具では、扉にあいている穴の深さが2mmほど深くなっていますので、そのまま取り換えると扉と金具の間に隙間が生じます。 そのた隙間をふさぐスペーサーが付属している代替金具Aタイプでの取り換えが必要です。

s-IMG_5699

s-IMG_47691

取り換える場合、扉についている金具は同じ種類の金具にしないと支障が生じます。新旧の金具が混在しないようにしてください。 扉の上下に4か所金具がついている場合は、4個とも新しい金具に交換してください。上下に2か所金具がついている場合は2個とも新しい金具に取り換えてください。

s-IMG_0676 コピー

尚、後継金具である代替金具は、破損した金具と扉に固定するネジ穴位置が異なります。破損した金具は、扉にあいている穴の内側にビスで固定するようになっていますが、代替金具は穴の外側にネジ止めとなります。

この部分には必ず扉内部にこころ芯材が入っていなければならない部分なので、ネジは確実に効きますのでご安心ください。扉にあいている穴の内側に取付ビス位置となる代替金具はありませんので、今後も穴の外側にネジ取付となります。

金具は1個税込み1,150円です。送料が別途必要です。

こちらの金具は365日24時間いつでも安田屋家具店オンラインショップにてご注文いただけます。

クローゼット代替蝶番

5月 1, 2017 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply