TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

ロッキングチェア座割修理

Y様よりお問合せ
自宅のロッキングチェアの修理見積もりをお願いします。座面が割れており、背面の棒も抜けています。写真で現状のご確認よろしく願います。

安田屋家具店からの返信

ロッキングチェアーの座割れ写真を確認しました。
座割れが生じた原因は、座板は1枚の無垢板で作られているのではなく 、何枚かの板を接合してあります。そのため長年の使用で、 温度・湿度の変化で木材の伸縮がおこり、接着剤の劣化によって木材同士を接合した部分ではがれて しまったものです。

切断面はギザギザではなくきれいな面になっていると思います。

修理方法は、切断面の接着剤を削り落とし、強力な 接着剤で圧着固定させます。同時に抜けている背棒を 穴に差し込み再接着させます。 その後、座面裏面に補強材を割れた個所をまたいで 取付けます。補強材を取り付けたロッキングチェアーの 写真です。

表からはほとんど補強材は見えません。 尚、座面板の再接合した部分は多少段差が生じますことを ご了承ください。

座割れの修理費用は税込み16,000円です。
背棒の再接着も含みます。 往復の送料が別途必要です。岐阜市近郊であれば、当店より引取、お届けをします。 ぜひ修理をご検討ください。

ちなみに写真を拝見して、塗装について一言。
写真を見ると白色の塗膜がはがれ、下から茶色の塗装面が見えますことから、白色の塗装はもともとの茶色塗装の上に塗られたものと思います。白色塗装がべりべりとはがれる 原因は、白色塗装を塗る前の工程を省かれたからでしょう。

もともとの茶色の塗装面全てに紙やすりをかけて 古い塗装表面に目に見えないデコボコの傷をつける 工程が必要です。紙やすりで茶色の古い塗装を落とすのではなく、表面に傷をつけることが重要です。

こうすることで新しい白色塗装が古い塗装面のデコボコの 傷に密着してはがれなくなります。 Y様のお役に立つ情報であれば幸いです。 ご用命をお待ちしております。

7月 2, 2017 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply