TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

イームズラウンドチェアのボタン

鹿児島市のK様より、イームズ ラウンジチェアーの座面に2か所止めてあるボタンが取れてしまったので付け直しができないかとのご相談が届いた。

K様より
ネットでイームズのラウンジチェアの修理を見て問い合わせさせて頂きました。右側の座面の留め具?、ボタンの様な形状のものが外れてしまったので、レザークッションのみ外して付け直して頂く事は可能でしょうか? お手数ですが返信お待ちしております。

安田屋家具店より返信
ラウンジチェアーの本体木部(木製シェル)から座クッションのみを取り外していただくことができるのであれば、ボタン取付修理はできます。ボタンを紛失した場合は同じような大きさのボタンを製作して取り付けることもできますが、多少大きさが異なってしまう場合がありますことをご了承ください。

数日後段ボール梱包の座クッションが届いた。直ぐに開梱すると中には本体木製シェルから取り外した座クッションのみが入っていた。

右側のボタンを留めてある紐が切れてボタンが外れてしまったようです。

座面裏側を確認すると、ボタンが外れていない側は、堅い樹脂製の板に紐を貫通させて止め金具で止め、余分な紐は黒色テープで止めてある状態だった。座面裏側に必要な金属製の止め金具も、ボタンもそろっているので、全てオリジナル金具での修理となりました。

直ぐに座クッションをもって安田屋家具店専属の椅子張り職人工房に向かう四代目でした。工房で待つこと20分。あっという間にボタン付修理が仕上がりました。

今回のご修理は外れてしまったボタンは残っているので、単純に座クッションに取り付けるだけの修理作業となりましたので、費用は税込2,000円でした。ただし往復の送料が別途必要となります。

直ぐに新しい段ボールを使って箱を作り発送作業に入る四代目でした。

イームズラウンジチェアーは、中国産のジェネリック家具が多く、本体木部シェルと座クッションの取り付け方が工場によって違うので困ってしまいます。オリジナル家具はボルトで止めるようにしてあるのですが、ジェネリック家具の場合はマジックテープであったり、引っ掛け金具であったりと座クッションを取り外すのに一苦労します。

ボタンが外れてしまった場合は、本体木部シェルから座クッション部分のみ取り外した状態で送って頂ければボタン取付修理はできますので、ぜひ安田屋家具店にお気軽にご相談ください。

11月 6, 2017 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply