TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

東南産業の下駄箱の部品

F様から東南産業という下駄箱に使用されている吊り扉用部品についてお問い合わせがあった。東南産業とは家具工場なのでしょうか。家具業界36年の四代目は聞いたことも記憶にもないので、工場というよりも住宅関連を取り扱っている商社ではないかと思います。

F様からの問い合わせ
吊り扉部品羽なしの上部レールに引っかかる部分がもう少し小さいサイズのものを探しています。東南産業の下駄箱に使われている物なのですが東南産業が無くなっているため素人では探せません。入手出来ませんでしょうか?

安田屋家具店からの返信
お問い合わせの下駄箱吊り扉用プラスチック部品ですが、現在ではこの部品はほとんど使用されなくなりましたので、当店で取り扱っている「羽なしタイプ」と「羽根付きタイプ」の2種類しかありません。

羽なしタイプで部品上部が小さいサイズは現存していません。そのため削って、破損した部品に調整して合わせるしか方法はないものと思います。

部材は樹脂製なのでヤスリ等で削ることができると思います。お役に立つ情報であれば幸いです。

ちなみに「東南産業」を調べたら、熊本市にあった建材、住設機器の卸売事業の会社でした。平成14年10月15日に熊本地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い、同年10月24日に手続開始が決定され、同年11月にナイス株式会が東南産業の西日本事業部に関する営業を譲受けたとのことでした。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
5月 8, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply