TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

お客様からのお手紙

先日、M様よりお電話にて「HG613-5」という刻印がある蝶番に関してのお問い合わせがあった。

この金具は残念ながら現存していない蝶番です。でも金具サイズが扉側サイズが18mm、家具本体側サイズが15mmでしたので、現存する「20-15」サイズの金具で代替えが可能です。ただ「20-15」サイズの金具でも円形部分のサイズが小さい旧サイズの金具を使用します。

以前、安田屋家具店実店舗に同じ金具の取替修理依頼があり、実際に四代目が「20-15」サイズの金具を使用して取替え、扉の開閉に支障なく使用できることを確認していますので、自信があります。

扉側のサイズが(破損金具)18mm、(代替金具)20mmなので、2mmの違いがあるのですが、1~2mm程度の違いであれば、実体験上、問題なく取り換えができています。

ただし扉にあいている穴にはめ入れる金具円形部分のサイズが違うため、扉の穴を彫り広げる作業が必要となります。電動ルーターなどの機械をお持ちであれば簡単に穴を彫り広げる作業ができます。

電動工具が無い場合は、手彫りは大変な作業となるので建具屋さんや木工屋さん等のプロに依頼されることをお勧めします。

また単純に穴を彫り広げただけでは、金具は取付きますが、扉の開閉に支障が生じてしまいます。扉の開閉も支障なく代替丁番「20-15」金具で取替修理ができる方法は安田屋家具店の企業秘密となります。

そのためここではご紹介できませんが、ご相談いただき、金具のご注文をいただければ、取替説明書を同梱して発送させていただきます。ただ扉の穴をお客様自身で彫り広げることができることが条件となりますのでご注意ください。

今回のM様からは代替丁番「20-15」のご注文をいただきましたので、取替修理説明書を同梱して金具をお送りいたしました。発送した翌日に金具が届き、説明書通り金具取替ができたとお喜びのお手紙をいただきました。

お役に立てて光栄です。
尚、「HG613-5」刻印の金具については下記の生地もご覧ください。

HG 3-5刻印の丁番
続 HG3-5刻印の金具
HG-613-5刻印は16-15サイズ

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 5, 2019 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply