TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

頭痛と歯痛で七転八倒

昨晩、突然左側のこめかみ部分が痛くなった。しばらくすると頭頂部に傷みが移転した。時折ズキッ、ズキズキッと痛みが走る。

頭を触ると痛みを感じるものの、頭に手を置いたままにすると傷みが和らぐ。

どうしたんだろう??

傷みを我慢したまま寝床に入ると、なんと今度は左側の奥歯付近にツキーン・ツキーンと傷みが走る。

頭痛に歯痛も加わり、寝れない。このまま眠れないまま一夜を過ごすのかなぁー。不安だ。

頭痛は心配です。くも膜下出血や脳出血、脳腫瘍の可能性も否定できない。突然命を失う危険性もある。様子を見ようなんて優著なことは言っていられない。明日朝一番に近くの脳神経科クリニックに診てもらおう。

歯痛も初めての傷み。これが虫歯の傷みというものなのか?? なにせ四代目はいまだ1本の虫歯も無い。歯の治療をしたことも無いわけで、敗者も生まれて数回しか行ったことがない。今年3月に還暦を迎えるというのに、全て自分の歯です。

初めての虫歯だと嫌だなぁー。頭痛に歯痛。痛みを我慢しながら夜が明けるのを待つのでした。

そして翌朝、ネットで調べた「なかしま脳神経外科クリニック」の初診を受けた。待合室で待つこと1時間。繁盛しているクリニックだった。評判も良いようです。

診察室で傷みの症状を聞いた中島先生は「結論から言うと、頭の神経痛ですね。1週間ほどで傷みは無くなるものと思いますので様子を見てください」

四代目「くも膜下出血や脳出血、脳腫瘍の危険性は無いですか。薬は必要ですか」

中島先生「痛みの症状が違いますので、心配ないと思います。特に薬も必要ありません。1週間経過しても傷みがある場合は再診に来てください」

よかったぁーー。
命を失う危険性はないんだ。ホッとした。ただしばらくこの頭痛を我慢しなくてはならないのが辛い。

安田屋家具店に戻り昼食後、近くの歯科医院に行く。虫歯だったら・・・・、不安だ。

診察が始まり、左側の奥歯付近を「ここは痛いですか」と何か所も触れられるが傷みは無い。

先生曰く「きれいな歯で、虫歯ではありませんね。結論から言うと、知覚過敏です。原因は歯ぎしりとか食いしばりだと思います。かみ合わせを少し治療しておきます。1週間は柔らかい食べ物を右側のみで食してください。1週間経過しても傷みが続くようであれば再診に来てください」

よかったぁー。虫歯ではないんだ。頭痛も歯痛も大事ではなくてホッとする四代目です。ただ1週間は頭痛と歯痛に付き合わなければならないのは苦痛です。

今年3月に還暦を迎える四代目は今年「本厄」だそうです。早くも災いが訪れたということでしょうか。クワバラクワバラ。

 

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
2月 13, 2020 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply