TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

DC COLDEA刻印金具

東京都中野区のN様から食器戸棚の扉丁番についてお問い合わせがありました。

中野かぁー!!、懐かしいなあ。我が青春の街です。

N様からのお問合せ
はじめまして、Nと申します。 写真のスライド丁番を破損の為、探しております。できれば修理で治したいのですが、安田屋家具店ホームページの記事で 似たものを拝見させて頂き、お問い合わせをさせて 頂きます。

現在、代替え品でも構いませんので、在庫がございましたら、お取り寄せできればと、思っております。 ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

安田屋家具店からの返信

お問い合わせの金具は「スライド丁番」ではなく、「アングル丁番」です。

破損したDC COLDEA刻印の金具は、鳥取に工場があった「大進工業」が作っていた家具に使用されていたオリジナル金具です。残念ながらかなり以前に工場が廃業したため同じ金具は現存していません。

ただし金具にはサイズがございます。
DC COLDEA金具破損の多くが、「24-20」サイズの金具でしたので、恐らくN様の破損金具のサイズも「24-20」ではないかと
思います。たまにサイズが違う金具の事例がありますので、破損した金具のサイズを確認してください。

写真のA(扉側部分)とB(家具本体側部分)のサイズを確認してください。Aが24mm、Bが20mmであれば代替金具はございますのでご安心ください。それ以外のサイズの場合はご連絡ください。

このDC COLDEA金具は、多数代替金具をお送りして、お客様自身で取り替えられ、元のように扉の開閉が行えるようになったとのご報告を受けています。取替に失敗した事例は無い様なので、N様の場合も取り替えられると思います。

写真の下側の金具がDC COLDEA、上側の金具が代替金具です。

尚、代替金具はDC COLDEA金具と大きく違う形状が二つあります。ひとつは家具本体側に取り付ける形状です。

DC COLDEAは十文字となっていて、後方に1本伸びている形状ですが、代替金具は後方への伸び代がなく、楕円形状となっています。

後方への伸び代がない分、厳密に比較すると耐久性が低いかと思いますが、実際の違いはそれほどないと思います。

二つ目は扉側の形状です。
DC COLDEAの扉側部分の横が直線的になっていて、全体的にはロケット型となっています。

代替金具は35mm直径の円形となっています。長さは27mmです。

そのため代替金具の円形部分は、現在の扉に彫られている穴の長さよりも短くなっているので問題ないのですが、横幅がロケット型から円形になったため、全幅で1mmほど大きくなっています。

そのため場合によっては現在の扉の穴の幅をヤスリ等で彫り広げる必要がある場合があります。金槌で金具を現在の穴に叩き入れ
れば入る場合がほとんどです。実際に金具を穴に入れてみないとわかりませんが、場合によっては多少の穴のサイズを彫り広げる作業が必要になるかもしれませんことをご了承ください。

また金具の色ですが、DC COLDEA金具は銀色ですが、代替金具は仙徳色(ゴールド色)のみとなりますのでご了承ください。

金具は1個税込み680円です。送料は別途必要です。在庫は十分にありますので直ぐに発送できます。

この金具は24時間365日いつでも安田屋家具店オンラインショップにてご注文いただけます。ぜひご来店ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 16, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply