TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

MF6A刻印スライド丁番

安田屋家具店の倉庫がある岐阜市東栄町にご自宅があるN様から、婚礼洋服たんすに使用されている丁番が破損したので、丁番取替修理のご相談がありました。

N様から
蝶番が破損して、扉の開け閉めが困難な状況です。

蝶番箇所は、全体で20箇所あるが、全て破損はしていませんが、必要なら交換を考えています。ご連絡お待ちしています。

ご自宅がお近くだったので身にお伺いしました。そして破損した金具を確認。


スライド丁番本体のみ


受座金具のみ

スライド丁番本体と受座金具はワンタッチで接合させるタイプです。ただ旧式の方法です。婚礼家具全盛期の頃によく使われていた金具です。

かなり古いので同じ金具は現存しないと考え、代替金具を探す上で、何かヒントになるような刻印が金具にないか調べてみます。すると・・・、

スライド丁番本体には「MF6A」の刻印を発見。同時に扉にあいている穴にはめ入れる金具部分の直径は35mmであることを確認。一番多く使われているカップ径35mmのスライド丁番です。

受座金具を確認すると・・・・、

刻印がありました。「BX4T4Z3」です。
この金具を生産した工場に心当たりがあるので早速確認してみます。するとやはりこの金具はすでに生産中止で全く同じ金具は現存していませんでした。

しかし機能性と耐久性を向上させた後継金具で代替えできることがわかりました。直ぐにその金具を取寄せます。入荷しましたら「MF6A刻印のスライド丁番本体と、「BX4T4Z3」刻印の受座金具の代替品をご紹介します。【つづく】

関連記事

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
5月 10, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply