TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

続MF6A刻印スライド丁番

先日お伝えした旧式のワンタッチ式スライド丁番本体側には「MF6A」刻印があり、受座金具側には「BX4T4Z3」刻印があるスライド丁番セットの代替金具を見つけた四代目は早速金具工場に出荷を支持するのでした。

古い金具

代替金具は最新のワンタッチ式接合タイプです。どの位置からでも受座金具にワンタッチで接合できます。

古いタイプは、スライド丁番本体を受座金具の前部に引っ掛けてから押し付けて接合するしか方法がありませんでしたので、これは便利になったと思います。

「MF6A」スライド丁番本体の代替金具です。

「BX4T4Z3」受座金具の代替金具です。

サイズ図をご覧ください。

特に家具本体側に取付ける受座金具のサイズ図をご覧ください。

古い「BX4T4Z3」刻印の受座金具の場合4か所の取付ネジ位置があります。

後方のネジ穴位置と代替金具の2か所のネジ穴位置がほぼ同じです。そのため受座金具は簡単に取り付けができます。

ただ代替の受座金具をよくご覧ください。スライド丁番本体を受座金具にセットすると見えなくなってしまう取付ビス穴が1か所あるんです。

金具の取替作業を簡単にする場合、スライド丁番本体と受座金具を接合した状態で扉に取付て作業すると簡単なんですが、その場合には取替え完了後に扉を一度取外す必要があります。ワンタッチ式なので簡単に取外すことはできますが、取付時にちょっとしたコツがいります。慣れればどうってことは無いので、何度か取付作業をすればできると思います。

なぜ取付けた扉を一度外さないとダメなのかというと、隠れて見えない受座金具の3か所目のネジ取付位置でネジ止めをする必要があるからです。

表面から見える2か所のネジ位置だけ固定しても問題は無いのですが、できれば3か所目も固定した方が耐久性が上がるので、できれば作業して欲しいです。

さてご相談いただいたN様の洋服タンスは、扉1枚に4個のスライド丁番が取付いています。扉が5枚あるので、前部で20個の金具取替作業をしなければなりません。お客様自身では作業が不安なので、四代目にご用命をいただきました。金具が入荷したらご訪問して取替作業を行います。

関連記事
MF6A刻印スライド丁番

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
5月 12, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply