TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

続 NOEMA丁番取替修理

先日20数年ご使用になられているナラ材の重厚な食器戸棚の開き扉に使用されている「NOEMA」シリーズの丁番取替修理の続報です。

破損した「NOEMA」シリーズの丁番はすでに現存しないので、現在主流の家具丁番である「スライド丁番」金具に取替ての修理となります。

金具の円形部分をはめ入れる扉にあいている穴の直径は30mm。

スライド丁番金具の場合、穴の直径は35mmです。
そのため穴を彫り広げなければなりませんが、現状の30mmの穴があいたままでは、直径35mmの穴の中心を正確に位置取りしてドリルで穴を彫り広げることができません。

なぜならドリルで穴の中心をつかむことができないためです。そこで現状の扉にあいている直径30mmの穴を一度埋木してふさぎます。

埋木することで、ドリルが直径35mmの新しい穴の中心を正確に位置取りできるのです。通常はドリルで穴をあけ直せばよいのですが、今回の穴の位置が扉の渕ぎりぎりにきていて、扉の渕と穴の渕との間が5mm程しかありません。

ドリルで穴を彫り続けると、扉の渕を欠損することが考えられるので、ほんのわずかだけドリルで穴をあけた後、電動トリマーで彫ります。ひと手間加えることで、扉の破損を防ぐわけです。

新しく彫り直した扉の穴に、カップ径35mmのスライド丁番をはめ入れて2か所のネジで取付けます。

全ての扉の9個の金具を取付けたら、お客様宅にお伺いして食器戸棚本体に扉を取付ける作業です。 つづく

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
10月 21, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply