TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

続々 秋田木工No.202-R 張替

年末に東京都のE様からお預かりした秋田木工スツール「No.202-R」座面籐シート張替が、年を越した1月7日に仕上がりました。40年前の新築の記念として購入された時に見られた真新しい座面となりました。

さらに面積の広い座面の籐シートを、荷重を支えるための籐皮で撚った籐バンドを座面裏に十文字に取付けた「十文字補強」加工もしてあります。強度も以前の2倍となり、耐久性も向上しました。

十文字補強の籐バンドは、座面表側からはまったくわかりません。

取付けた籐バンドは、まず切れることは無いので、次回張替時は表面の籐シート材のみの張替で済みます。

今回の座面2枚の張替修理費用は、
座面張替 16,000円×2=32,000円
十文字補強 5,500円×2=11,000円
送料 ヤマト宅急便        700円
——————————————————-
2脚税込合計金額 43,700円 

1脚の場合は22,200円となります。

秋田木工では、大塚家具の子会社となった今でも「No.202-R」スツールは生産しています。しかし座面が籐シート張りのスツールの生産はありません。籐シート材の品質が昔よりも格段に落ちているため、商品として生産できないからだそうです。直ぐに破れてクレーム対象が増加するためだと昔担当者から聞いたことがあります。

安田屋家具店ライブラリーで、かなり以前の秋田木工カタログを確認すると、40年前の価格は1脚16,000円だったようです。2021年現在、生産している布張り座面タイプが税込21,780円となっています。40年前当時も籐シート張りタイプの方が若干高かったので、もし現在も生産していたするならば、今回の張替金額以上の価格となっていたでしょう。

しかし残念ながら、籐シート座面のスツールの生産は現在していません。E様のスツールはとても貴重な籐シート張り座面スツール「No.202-R」となります。末永く残っていく事を願っています。

お届けした後、E様からお便りが届きました。
有難うございました。座面受け取りました、綺麗な仕上がりで、嬉しくなってしまい、ずっと眺めています、又、宜しくお願い致します。寒さ厳しき折、どうぞご自愛ください。

【関連記事】
秋田木工No.202-R 張替
続 秋田木工No.202-R 張替

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
1月 20, 2021 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply