TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

KSS刻印20-20丁番

北海道・札幌市のS様から丁番金具に関してお問い合わせがありました。

S様からのお問合せ
家具の丁番が破損して交換したいのですが 代替えになる丁番はお取り扱いございますでしょうか。

HP閲覧させて頂いて、作ってる会社が倒産になってることは確認させていただいております。 代替え可能な品物があれば取り寄せも考えてますので、もしあれば1個あたりの金額と送料(北海道・札幌市)も教えて頂きたいです。 宜しくお願いいたします。

安田屋家具店からの返信
金具の写真を確認しました。
KSS刻印の金具は、大阪に工場があった「木村新(キムラシン)」が生産していた金具です。かなり以前に廃業したため、まったく同じ金具は現存していませんが、刻印に20-20が確認できるので、金具サイズは「20-20」です。

「20-20」サイズであれば他工場の金具で代替え出来ますのでご安心ください。金具の色が「こげ茶色」の日本国産の金具、金具の色が現在と同じような「ゴールド色」の中国産の金具の2種類あります。どちらも在庫はございますのでご安心ください。

日本国産と中国産の違いは使用されている素材です。
中国産はくず鉄が混じった素材を使用した合金のため、素材の品質が悪く、日本国産と比較すると耐久性が劣ります。

不純物が混じっていないインゴット素材から作られた日本国産の金具も、需要の低迷により昨年3月に残念ながら生産終了となりました。そのため現在(2021年6月)工場在庫として残っている数量のみとなっています。

価格はどちらも1個税込み530円です。取付ビスが7本付属します。送料が別途必要です。送料は14個程度までであればレターパックライトを使用しますので、全国一律370円です。

金具の色は異なりますが、耐久性を考えるとやはり日本国産の金具をお勧めします。

尚、破損した金具の円形部分を写真で確認すると金具の根本に切込みがありません。

このことから恐らく破損した金具はかなり古い金具で、旧サイズの金具です。現在の金具は金具の根元に切込みがあり、円形部分の長さが3mmほど大きくなっています。

扉にあいている穴のサイズをご確認ください。
穴の直径(扉上下方向)は35mmです。
穴の長さ(扉左右方向)は旧タイプは24mm、現在の長さは27mmです。

S様の家具の扉にあいている穴の長さが24mmの場合、現在の代替金具に合わせるために穴を3mmほど彫り広げる作業が必用となります。穴を彫り広げないと金具の円形部分をはめ入れた時に金具と扉の木口との間にすき間ができて、扉が閉まりません。必ず金具と扉の木口が密着するように穴を金具に合わせる必要があります。

代替金具はありますが、扉の穴を彫り広げられるかが取替修理に置いて重要となります。電動ルーターなどの工具があれば簡単にできますが、手彫は根気が必要となります。

この記事で紹介した金具「20-20」サイズは、日本国産金具、中国産金具ともに安田屋家具店オンラインショップにて24時間365日いつでもご注文いただけます。ぜひご利用ください。

日本国産金具

中国産金具

S様からのご連絡
先程メールで問い合わせさせてもらったSと申します。迅速なご対応頂きありがとうございます。わかりやすい回答いただけたのでやることが明確になりました。取替の際は、アドバイスどおり国産のものを使おうと思います。ありがとうございます。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 11, 2021 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply