TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

下駄箱吊り扉のレール

先日ご紹介したのと同じ修理内容です。
吊り扉式下駄箱の吊り扉用部品とレールの破損です。前回と同様に「羽無しタイプ」部品専用の樹脂製のシングルレールのようです。当時は樹脂製のレールを使用していたようですね。経年劣化で摩耗するのはわかりきっていることですが、販売時に将来のことは考えていないのでしょうか。

S様からのお問合せ
先日貴社から下駄箱吊り扉用プラスチック部品(羽なし)を2つ購入させて頂きましたが、それに対応するレールが必要でした。(レールも壊れてました。)

レールが下駄箱に接着されているようですので取り外しで良い方法がありますか?

また、レールがオンラインショッピングに載っておりませんでしたが購入できるのでしょうか? 宜しくお願い致します。

安田屋家具店からの返信
破損したレールと同じ樹脂製のレールは現存しませんが、アルミ製の「羽無しタイプ」専用シングルレールはございます。

現在のレールの長さをお知らせください。最少100㎝から、130㎝、160㎝、最長180㎝の4種類あります。180㎝以上の場合は2本のレールをつなぐ必要があります。

現在の樹脂製のレールの取外し方ですが、天板裏面の溝に接着剤と所々に隠し釘、またはビスで止めてある場合が多いです。

取外し方法は、隠し釘またはビスを見つけて最初に取外し、その後、マイナスドライバーや先端がとがった道具で溝からレールを取外す方法となります。木部、特に溝部分を破損しないようにご注意ください。

レールは24時間365日いつでも安田屋家具店オンラインショップにてご注文いただけます。ぜひご利用ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 18, 2021 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply