TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

下駄箱吊り扉部品

吊り扉式の下駄箱に使用されている部品が破損したとのお問い合わせがありました。ここ最近同様の修理問い合わせが増えています。部品の耐久時期が来ているのでしょうか。

H様からのお問合せ
以前ご相談してそのままだったのですが、やはり部品を購入したいと思います。おそらく羽なしタイプかと思います。写真で確認ください。

扉自体も傷んでますが、まだ使いたいと思いますので、念のため2個お願いします。

安田屋家具店からの返信
今回のレールは現在のアルミ製レールを使用しています。そのためレールの破損は無いようです。経年劣化で樹脂製の吊り扉部品が摩耗して破損したようです。

お送りいただいた写真のレールの溝幅から推察すると「羽無しタイプ」だと思います。

レールの溝の幅は5mmであれば「羽無し部品」タイプのシングルレールです。

レールのどこかに切り欠きがあれば、そこから「羽無し部品」をはめ入れて、扉木口に空いている穴に部品を差し込んでネジ止めする作業となります。

切り欠きが無い場合は、レールを天板から取外し、部品を差し込んだ後、再びレールを天板に取付ける作業が必用となります。

部品は1個税込み・送料込みで600円です。

部品は24時間365日いつでも安田屋家具店オンラインショップにてご注文いただけます。ぜひご来店ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
11月 20, 2021 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply