TOPページ »家具リフォーム・修理 » この記事

カリモクソファー張替完了

以前お預かりした20年少々前のカリモク製応接セット、リビングチェアーではなく、やっぱり応接セットと言いたいデザインです。ソファー×1脚、アームチェアー×2脚の張替が完了いたしました。使用した布地によってイメージもがらりと変わり、見違えるほど良いリビングセットになりました。お預かりした時は、金茶色の「金華山織り」と呼ばれる柄部分に凹凸があるモケット布地でした。

詳しい内容は2010年4月6日の「椅子の内部見たことありますか」をご覧ください。

背面は、

この椅子が、現在のインテリアにマッチするようになりました。

肘部分が一番汚れてしまう部分なので、肘カバーを同じ布地で製作しました。

肘カバーを肘にかぶせます。ただかぶせただけではずり落ちてしまいますので、ずれ防止として、

肘カバーの座面側の布地を、座クッションで押さえつけてずり落ちないようにします。

こんな風に座クッションで肘カバーの布地を挟み込み固定させます。
お客様宅で実際に設置した実例写真は、明日ご紹介します。

7月 14, 2010 · Posted in 家具リフォーム・修理, 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply