TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

美殿町 DE ハロウィーン事情

10月30日に開催した「美殿町 DE ハロウィーン」は、企画・準備、当日運営などのほぼ全てを数人で行なったわけですが、四代目がねらっていた目的は達成できたことがうれしかったです。

「美殿町 DE ハロウィーン」の目的は、

  1. 美殿町の知名度を高める・・・「美殿町ハロウィーン」を行うことによって、新聞やラジオなどのマスコミが取り上げてくれることにより「美殿町」の名前を広く知ってもらうこと。これは中日新聞、岐阜新聞の両紙が地方版ではあるものの掲載していただけたのでほぼ達成。
  2. 美殿町を実際に訪れてもらう・・「美殿町ハロウィーン」を行うことによって、郊外の大型ショッピングセンターには行くものの、地元の商店街にはあまり立ち寄らない若い世代の大人を美殿町に呼び寄せる。これは子供達を呼び込むことによりその保護者である大人も一緒に美殿町に来てくれたのでほぼ達成。
  3. お店を知ってもらう・・・・・美殿町を訪れたことのない人が美殿町を訪れ、「トリック・オア・トリート」と言って子供と一緒にお菓子をもらいに店内に入っていただくことにより、安田屋家具店をはじめ美殿町の各店舗の中に入ってもらえる。これによりお店を知ってもらうことができる。また普段は入りにくそうだけど一度入ってみたいという店の店内を知る機会を提供するということもほぼ達成。
  4. 購買につなげる・・・・・・「美殿町ハロウィーン」で美殿町を訪れた大人が、入った店内でついでに買い物をしてもらう。これはすぐには無理だったかもしれないが、店を知っていただいたことにより今後のご購入につながる確立は増えたと考えます。
  5. 将来のお客様・・・・・・・「美殿町ハロウィーン」で美殿町に着た子供達の記憶、想い出の一つに「美殿町」を覚えてもらうことにより、十数年後には大人になり消費者となった時に、美殿町で買い物をしてくれる、美殿町のお客様になりうる機会を作るということはほぼ達成したでしょう。ただ本当にお客様になってもらえるかは、十数年待たないと結果はわかりませんが・・・・。

店内の商品に興味をしめす大人

未来のお客様たち

 このような意図を持って開催したのですが、その意図を美殿町の各店主はどの程度理解しているのでしょうかね。理解している人は少ないのでしょうが・・・・・。しかし先日食べに入った「手打ちうどん 田毎」の店主さんが「今回来てくれた子供達はきっと将来美殿町で買い物や食べに来てくれるよ。そういう機会を増やしていかないとネェー」と言ってくれた。うれしかったぁーー。

 ちゃんと理解してくれる人が美殿町にもいるんだ。
 「来年も行なわれるといいですね」なんて、のん気にまるで他人事のように言っている人も多々いますから。他人事ではないんですよ。自店のことなんですよと言いたい気持ちをぐっと抑えて、押さえて・・・。愚痴っちゃーいけませんね。

 おきなや総本舗の若女将 マーガレットさんもこんなことを言っていた。
 「ハロウィーンの翌日、ローソンで会った知らないおばさんに、「あなたがマーガレットさん。ハロウィーン楽しかった。ありがとうね。来年もやってね」と言ってくれた。とってもうれしかった」と。 そうなんです。 見てる人はちゃんと見てるんです。 やった人にしかわからないこのハッピーな気持ち。これが次への活力となるんです。

 芭蕉の句「おもしろうて、やがて悲しき 鵜舟かな」に通じる、楽しかった宴の後の寂しさ漂う会場です。来年も使用するために丁寧に飾り付けを取外し、片付けました。

 今年の反省をきっちりとして、来年ももっとがんばろうと心に誓った四代目でした。

 しかし本場アメリカでは、今回行なった「美殿町 DE ハロウィーン」のちっちゃな子供達が仮装して街中を歩くような光景はここ最近では見られなくなったそうです。治安が悪化していたり、子供の中には訪ねた家の老人を恐喝したり、大人の中には渡すお菓子に薬を仕込んだりする者もいて、あぶなくてできないそうです。今回来てくれたサニーサイド幼稚園のローラ先生もマーガレットさんも、彼女達が子供の時に行っていた光景そのものが美殿町で行なわれていることにとっても感動したそうです。まさに彼女達が子供だった頃の光景が美殿町で繰り広げられていたのです。その話を聞いて四代目は感動しました。そしてさらにさらに来年の美殿町ハロウィーンは、もっともっと楽しい内容にしようと固く誓ったのであります。 がんばろうっと。

[warning]追伸(12月10日)
文章内容の一部に不適切な文章がありましたことを深くお詫び申し上げます。楽しい子供達のイベントを台無しにしてしまう印象を与えてしまいましたことを深く反省します。せっかくお手伝いいただきました皆様に不快な思いをさせてしまいましたことを重ねてお詫び申し上げます。 思いつきで始めたイベントでしたが、イベント規模が大きくなっていくと同時に、今までとは違ったご協力者が増えていくことに対処できずにいました。今後はスケジュールなどを綿密に打合せ、ご協力いただく方々には「美殿町ハロウィン」会議にご出席いただいた上で、当日のスケジュールなどに関して詳細にお伝えするように改善したいと考えています。 投稿記事に関しまして貴重なご指摘、ご意見などお寄せいただきました全ての皆様に厚く御礼申し上げます。  安田屋家具店 四代目

[/warning]

11月 4, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply