TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

実況中継6

4時に肺活量などの呼吸機能検査を行った。機械につながっている管を口でくわえ、鼻から呼吸しないようにクリップで鼻をつままれた状態で深く息を吸い込んだり、極限まで息を吐いたりしての簡単な検査でした。

5時からは30分のシャワータイム。浴槽がないシャワー室でした。明日の悩血管撮影のために下腹部とふとももの付け根周りを剃毛しなくてはなりません。剃刀で入念に処理しました。

病室に戻ると看護師さんのチェックがありました。四代目はかなり広い範囲を処理したのですが、十分ではなかったようで、年配の看護師さんから「もっとガッツリいかないと」と言われてしまいました。

そして、な、な、なんとその場のベットの上で、若い看護師さんに経験を積ませるためなのか、年配の看護師さんが見本として小型電動バリカンでガッツリと刈られました。時々若手看護師さんにもやらせて指導されていました。まるで実験用のマネキン状態です。あぁー、恥ずかしい!!
でもこれも聴神経腫瘍根絶のためです、ガマン、我慢。

1月 13, 2011 · Posted in 四代目のつぶやき, 聴神経腫瘍闘病記  
    

Comments

Leave a Reply