TOPページ »家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

今は無きコスガの椅子

 家具業界で大きな工場、知名度のある日本の工場といえば、、、、、??

 カリモク、マルニ、コスガというのが一般的に多く思われる工場だったと思います。カリモク、マルニはまだまだ健在ですが、東京に本社のあったコスガは一昨年に廃業してしまいました。誠に残念です。安田屋家具店でもコスガとの取引は、15年ほど前までは頻繁にありました。当時の担当者の朝倉さんとは四代目の年齢と近かったこともあり、意気投合したこともあり積極的にコスガ商品を販売していました。

 しかしここ数年は、商品の魅力が減ったこともあり、また担当者が変わり、ほとんど安田屋家具店にはこられなくなったこともあり取引は全くありませんでした。時たまベビーベットを仕入れる程度でした。そんなこともありこすが廃業を知ったのは、恥ずかしながら一昨年の12月にお客様からお聞きして初めて知ったのでした。

 2005年(平成17年)頃から業績悪化が表面化して、第1コスガビル、第2コスガビルの売却などを行い合理化を進めたものの、2008年(平成20年)11月28日、破産手続き申し立てを行い、同日、破産手続開始決定。会社は清算されたそうです。その後、最近2009年8月)小菅 康太が代表となり、家具職人有志数名を集めて新会社「コスガの家具」を設立されたようです。 商品アイテムは倒産前にヒットした10cm刻みで巾が選べるシェーズソファーのみ。 その他、家具の修理・張り替え・ソファーカバーの製作などをおこなっています。詳しくは「コスガの家具」をご覧ください。

 今日ご紹介するのは、安田屋家具店が積極的にコスガ家具を販売していた時にご購入いただいた「ダイニングチェアー」です。背もたれ部分に四つ目編みの籐シートが張ってあります。この部分が破れてしまったので張り直しをご用命いただきました。コスガでの張り直しはできませんまで、安田屋家具店の職人が張り直します。

 現状は四つ目編み籐シート着色仕上げとなっていますが、籐シートのサンプルをご覧になったお客様は「イメージを変えてみたい」とのことで、少し目の細かい【 三分カゴ目編みシート】を使用することとしました。また以前にもお伝えしましたが、籐シートは着色すると耐久性が低くなることから着色しない生地仕上げをお勧めしました。4脚お預かりして職人工房に届けます。修理期間は約10日。張替完了しましたらご報告します。

2月 15, 2011 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

2 Responses to “今は無きコスガの椅子”

  1. 松下百百代on9月 25th, 2014 6:39 PM

    コスガのダイニングセットの椅子の背もたれ部分が壊れてしまって母が修理を希望していて、修理見積もりお願いします。

  2. 四代目on9月 26th, 2014 6:46 PM

    このたびは数ある同業者の中より安田屋家具店にお問い合わせ賜り誠にありがとうございます。

    コスガ製食堂椅子で、背もたれが籐シート張りとのことで、籐シート部分の横幅、長さによって修理金額が変わりますが、一番良く売れていた椅子の場合の修理金額をお知らせします。籐シート部分のサイズは、横幅400㎜、長さ500㎜で、四つ目編みシートを使用した場合の張替修理金額は1脚税込19,800円です。ご自宅から当店までと当店からご自宅までの往復の送料は別途必要です。ただし岐阜市近郊であれば当店が引取り・お届けを行いますので送料は必要ありません。

    また張替に使用する籐シートは着色塗装仕上げをしない生地仕上げとなりますので、現在の籐シートよりも最初は白っぽくくなります。年数が経過するごとにアメ色に変化していきます。修理期間はお預かり後約2週間前後です。ご検討賜り修理ご用命の際はぜひ安田屋家具店にご連絡ください。

Leave a Reply