TOPページ »家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

コスガ椅子修理完了

 お預かりしていましたコスガ製ダイニングチェアーの背もたれ籐シート張替修理が完了しました。お預かり時点では、四つ目編み籐シート着色仕上げでしたが、お客様からのイメージを変えたいというご希望でしたので、三分カゴ目編み籐シート生地仕上げで張替を行いました。お預かりした時は、、、、。

修理前

座面を取外し、張り直った4脚を並べてみました。

修理後

籐部分を拡大してみます。

この続きは下の(read more) をクリックしてね

 仕上げ方法は「溝決め込み仕上」です。
 これは、木部に掘り込んだ溝があり、その部分に籐シートをのせ、その溝に籐丸芯を籐シートの上から打ちつけて止める仕上げ方法です。一般的な家具の籐シート張り仕上げに採用されています。この方法の特徴は、手編みよりも安価にできること、消耗部分である籐シートを安価に張替ができることです。ただし手編みと比べると耐久年数は格段に低いです。

三分カゴ目シートを拡大してみます。
着色無しの生地仕上げです。

座面を取り付けてお客様にお届けです。

2月 19, 2011 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply