15年ほど前にご購入されたダイニングチェアーの張替修理のご相談があり、商品をお預かりしてきました。

デザイン的に日本ビクターが販売していたダイニングチェアーではないかと思います。基本的にパイプチェアー構造で、4本パイプ製の脚が座面と背もたれを接合している仕組みです。

 背もたれを外した状態

座面は丸型合板にウレタンクッション材をのせて張地を張り、パイプ脚にネジで接合しています。

背もたれは、丸型パイプに張地を止めるためのタッカー釘打ち付け用の木枠を一部取り付けてありました。
座面と同様、パイプ脚にネジで接合する仕組みです。

張る部分の面積は少ないのですが、背もたれが丸く、さらに曲線構造なので、かなり手間がかかる構造となっています。

今回は赤いビニールレザーを張地に選択されました。
お預かり前よりも、ぐぐっと華やかなダイニングチェアーとなりました。

 

座・背面ともに中身ウレタンクッション材を新しいものに取替え、1脚税込み15,000円で仕上がりました。
新品となったダイニングチェアーは、ご家族の新しい歴史と想い出を刻み込みまた同じ使用年数だけ末永くご使用いただけることでしょう。

安田屋家具店では、積極的に家具の修理・メンテナンスをお受けしています。
大型店を中心に、大量生産・大量消費・大量破棄が中心となった販売方法のため手間がかかり、利幅の少ない「修理」「メンテナンス」はしなくなりました。
小さな町の家具屋さんも、最近は家具の修理をしなくなったとお客様からよくお聞きします。残念なことです。

ただ椅子張替職人のみならず、いろんな分野での職人さんの後継者がいない現状、家具修理に携わる職人が地元にいなくなった地域も増えています。
家具修理で困ったときは、ぜひ安田屋家具店にご相談ください。

メールにてお問い合わせいただければ、適切なご修理方法をお教えいたします。
お問い合わせ・ご相談は無料です。
なんでもご相談ください。

8月 2, 2009 · Posted in 家具リフォーム・修理  
    

 7月はとうとう梅雨も明けず、ほぼ毎日雨模様の天気が続いていて、今年の夏はどうなってるの??、と思っちゃいますよネェー。

 子供たちはすでに夏休みに入っているのに、雨模様の天気の中、朝はラジオ体操に行っていますが、日中はプールに行くことも、外で遊ぶこともできず、つまんなさそうな顔をしています。

 そして8月に突入。 といってもまだ梅雨あけてないんですよ。
今日は岐阜で一番大きな年中行事「岐阜新聞 長良川全国花火大会」開催の日だったんです。
先週の7月25日には「中日新聞 長良川全国花火大会」があったのですが、日中の天候が雨、大雨、激しい雨だったため、開催時間中奇跡的に雨が降らなかったのですが、例年に比べて来場者がものすごく少なかったですね。岐阜には2社の新聞社が競い合って花火大会を開催します。その規模も知られていませんが全国的にかなり大きな規模だと思います。

 さて今日の岐阜市の天候ですが、朝から激しい雨、雨、雨!!!  
 上流でもかなり激しく降ったんでしょうね、長良川は大増水で黄土色の濁流となり流れています。これではたとえ夜半に雨が降らなくても花火は中止だろうねぇーと話していた時、16日に延期との情報あり。

 16日って、お盆真っ最中ではありませんか。
 このころには天候は夏本番になっていることでしょうが、お盆ですよ、お盆。

 実家に帰省の人が多くなるのだから、普段より来場者が増えるのか、減るのか、想像できませんね。

雨模様を眺めながらのブログカキコでした。写真がなくてすみません。

8月 3, 2009 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

 雨ばかり続く子供たちの夏休み。
そりゃぁー、不満でしょうねぇ。外は毎日雨でプールにも行けませんもんね。

 今日もまた雨。
ということで、休みを取って子供たちのストレスを発散させるために屋内施設「岐阜県世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ」に行ってきました。

淡水魚水族館なので川の魚の水族館です。いろいろいますネェー。
 アシカのショーもやってました。

結構大人も楽しめる水族館でした。 個人的には1日魚を眺めてボゥーとしていたい気分に浸る絶好の場所だと思いましたね。

数ある中で「ぶっちゃいくな顔」を発見!!  それがコレです。

 

魚を正面から見ると、結構オモシロ顔なんですね。

子供が決定したナンバーワン「ぶちゃいく顔」はコレだぁー!!

 ぜったい面白すぎるって。

大いに笑ったせいか、なんとなく気分もスッキリしたようです。 明日からまたガンバロゥー!!

8月 4, 2009 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

正座のしびれから解放!!   ご仏前用正座椅子   高級金襴生地

 

長時間の正座姿勢を快適にサポートする丈夫な正座椅子です。
軽くてコンパクトサイズなので、持ち運びがとっても楽です。(重さ約1kg)
座面生地は、日本製の金襴紫地蓮の花模様です。仏間を優雅で荘厳ある空間に演出します。
厚めのクッションで座り心地も快適、快適!!

日本国内で作った【 高級金襴 】を座面生地に使用した、しっかりと安定感のある正座椅子ですので、ご仏前で正座する時、法事の時に重宝します。高級金襴生地を使用しているので、ご仏前にふさわしい気品と風格の彩を添えます。

長時間正座していても疲れが少なく、膝の負担も少なく、足がしびれません。
ご仏前でお経をあげたり、ご先祖様との語らいにご利用ください。

ゴロ寝枕にも使用できます。
間近に迫ったお盆休みで帰省されるとき、ご実家のご両親への贈り物としてお勧めいたします。

■ サイズ 直径240、高さ170㎜
■ 材質  本体・・籐材、金襴生地

■ お盆特別価格  税込 6,980

この商品のお買い求めは「Yasudaya-BASE」店へ

8月 5, 2009 · Posted in 商品紹介, インテリア雑貨  
    

 本日入荷してきました新商品、ゆったーり、座れる「安楽 父さん椅子」をご紹介します。

 ぐぐっと曲げた背もたれが特徴です。

 座面の幅が 60センチ もあります。一度店内で座っていただきたい椅子です。


 大きなお父さんが、ゆったーりとあぐらが組めます。

 背もたれを見てください。

 

 

 ウオールナット無垢積層材を ぐぐっ と曲げたこのカーブが、からだをしっかりと支えてくれるのです。
 肘を置くのにもちょうどいい高さとなっています。
 後姿も迫力あります。

 座面が少し後方に下げてありますので、自然とくつろぐ座り姿勢になります。

 脚の接合部分は、前後の脚ともに「通しホゾ組み」で「クサビ」を打ち込んでありますので、緩むことがありません。耐久性があり、ご家族の歴史と想い出を刻み込んでいく愛着ある家具となることでしょう。

 のびのび安楽な座り心地です。

■ 材質 クルミ無垢材・背もたれはウォールナット無垢積層材
    オイル仕上げ

■ サイズ 横幅650、奥行575、座高335、総高650㎜

■ 税込み特別価格 44,800

この商品のお買い求めは「Yasudaya-BASE」店へ

8月 6, 2009 · Posted in 商品紹介, リビングルーム, イスコレ  
    

次ページへ »