一般的にラタン家具と呼ばれている「ラタン」とは、日本名を藤(とう)といい、籐」という字をあてていますが、実は椰子科の木で、竹の仲間でもなければふじづるの親戚でもありません。熱帯雨林地域のジャングルに自生する、非常に生命力の強い地上最長の植物です。東南アジアなど熱帯のジャングルに自生するつる植物です。

形は竹とよく似ていますが、違いは竹の内部が中空であるのに対しラタンはギッシリと詰まっていることです。またその繊維方向の引っ張り強度は非常に強いのが特徴。

ラタンは、薄暗いジャングルの中で上空の太陽光線を目指して、大変速い速度でひたすら上方へ伸びようとします。伸びる途中で自立出来なくなると横倒しに倒れます。倒れながら、枝や葉の裏についた無数の鋭いトゲで他の樹木にからみつき、そこからまた上方へ伸びていきます。伸びては倒れ、倒れては伸びる繰り返しの結果、ときに数百メートルにも及ぶ長い姿が形成されます。

ラタンに分類される種族は約300種、そのうち産業用資材として利用されているものは、約30種類ほどです。生長につれて太くなるもの、伸びても細いままのもの、はじめから太いもの、堅いもの、柔らかいもの、繊維の粗いもの、細かいものなど種類によって性質も様々です。大別して、太いものは家具のフレーム材として使用され、細いものはこれを裂いて皮籐(ピール)と芯籐(コア)をとり、編んだり巻いたりする材料になります。

材料としての籐は、丸籐と割籐とにわけられます。丸籐は太民(たいみん)、双棟(そうかん)、三棟(さんかん)、四棟(よつかん)の4種があり、椅子やテーブルの脚、 腕木などに用いられます。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
6月 16, 2012 · Posted in ラタン