本日、デスクチェアーが入荷してきた。アーロンチェアーの模倣的なデザインです。価格は税込21,000円。安くなってしまいましたネェー!!、家具屋がどんどんつぶれていくわけダァーー!!

お届け前に組立です。
組立自体はそんなに難しいものではないので、一般の方でも、女性でも説明書を読めば簡単に組み立てることができます。構造がシンプルなので、座面と背面と肘をビスで止めて、脚に支柱を差し込めば完成です。所要時間15分もあれば組立完成しちゃいます。

ただ中国製商品の中には、説明書通りに作られていない場合が多いですのでご注意下さい。もともとの試作段階では、ちゃんと説明書通りに作られるのですが、正式発注をして日本に入荷した商品を点検すると、試作品どおりに作られていない商品が多いそうです。つまり試作品でどれたげ細かくチェックしても、発注後に入荷する商品の作りは、図面どおりに作られていないことが多々あり、日本で手直しする場合か多いんで困っちゃいますよと輸入をしている家具工場が嘆いていました。

その実例が四代目が組み立て始めてすぐに現れました。座面に取り付ける金具と背もたれを取り付ける金具のネジ穴位置が大きくずれてしまっています。

本来であれば、座面裏に取り付ける金具にあけられている穴の中央に、背もたれ金具を取り付けるためのネジ穴があいていないといけません。がしかし・・・・、大きくずれてしまっていることがわかります。

設計時の考えでは、座面裏に取り付けた金具に、背もたれ金具を重ねて取り付けるネジを一緒にすることで強度が増加させるということが考えられていたと思います。

この記事の続きを読む »

10月 1, 2012 · Posted in デスク・机  
    

今日、10月12日金曜日、夕方6時ごろ、けたたましいサイレンの音が遠くのほうから徐々に安田屋家具店の近くに迫ってきていました。そして安田屋家具店の近くでサイレンの音が鳴り止んだと思ったら・・・・・・、

なんと、安田屋家具店の前で止まりました。

えっえっえーー!!!
ご近所の皆さんやお隣さんが「どうしたどうした」「どなたが・・・??」と安田屋家具店に尋ねにきました。安田屋家具店の前に救急車が止まれば、誰だって安田屋家具店に何かあったと思いますよねぇ~。がしかし・・・・、

確かに安田屋家具店入口前に救急車がピタッと止まりましたが、四代目を含む安田屋家具店の関係者はなんの問題もありません。ご心配をおかけいたしましたが、安田屋家具店の直ぐ脇の三番町の「手打ちうどんの田毎」のお店の前で倒れている人がいたので、どなたかが救急車を呼んだようです。警察車両も到着して倒れた人の身元を確認していました。

特に問題がなかったようで、直ぐに救急車は立ち去りましたが・・・・・、数分後、再びサイレンを鳴らして戻ってきました。

当初問題がないように見えたものの、普通の状態ではないと判断した警察官が再度要請したようです。倒れた人は担架に乗せられて救急車で病院に搬送されたようです。大事がなければよいのですが・・・・。

それにしてもお騒がせな日でした。

10月 12, 2012 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

先日、アングル丁番金具を御買上いただきましたお客様より安田屋家具店の運営に親身になってお考え頂き、とても重要なアドバイスをいただきました。

お客様の立場に立ったとき、手元の金具と安田屋家具店が販売している金具は同じなんだろうかと当然不安になりますね。細かい金具部位のサイズが掲載されていたら、手元の金具と比べることができ、不安解消になりますね。適切なアドバイスありがとうございます。

安田屋家具店の在庫金具で各部位の寸法を測り、サイズ図面を作成しましたので順次ご紹介していきます。アングル丁番金具ご購入の際にお役立て下さい。
昨日に引き続きアングル丁番金具「20-20」の詳細なサイズをご紹介します。

この記事の続きを読む »

10月 15, 2012 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

お客様からメールにてお問合せがあった。
通称「ドレクセル」と呼ばれる家具で、アメリカ DREXEL HERITAGE社の独占ライセンスを得て、デザインおよび製作仕様を忠実に守り1967年から40年以上日本で生産されているクラッシックデザインの家具です。日本の生産工場は、J.フロント建装で、たしか大丸が親会社であったと記憶しています。お客様からのご相談内容は、

ドレクセルヘリテッジのダイニング用椅子の座面のカゴメ編みが破れ座れなくなってしまいました。(私の体重が重いもんで・・。)写真を送らせて頂きお見積りなど頂けましたら幸いです。

座面のみが破れているようです。
籐シートは、五分カゴ目編みシートを使用していて着色仕上げとして塗装が施されています。籐シートの仕上げ方は、一見写真では手編みのように見えましたが、よ~く確認すると、一般的な「溝決め込み仕上げ」であることがわかりました。早速、籐職人に張替見積を算出させてお客様へご連絡です。

この記事の続きを読む »

10月 17, 2012 · Posted in 椅子張替え  
    

「ドレクセルヘリテッジ」社製のダイニング椅子の座面に使用されている籐カゴメ編みが破れてしまった修理に関する御見積をご提案したお客様からご連絡がありました。

安田屋家具店さんからお見積もりとカゴ目編み(塗り無しと塗りこみ)及び座面の補強方法につきお教え頂き有難うございます。座面は安田屋家具店さんの基本寸法より若干大き目かと思います。強度の面でアドバイス通り籐の座面に色塗りしない方が良いようですね。見積り等お手数をお掛け頂きましたことお礼申し上げます。椅子の送付方法等を考え新めてご相談させていただきます。

有難うございました。

ぜひご検討下さいませ。

10月 21, 2012 · Posted in 籐家具修理  
    

次ページへ »