K様よりクローゼット折戸用代替丁番の種類の違いについてお問い合わせがあったのでご紹介します。ご参考になれば幸いです。

30年前の丁番が壊れたので、インターネット上でちょうどその物に対応する新旧の丁番をご案内されていた安田屋家具店サイトを拝見しました。それによると、600円のものと1150円のものがあるようでしたが、どちらでも同じようなものなのでしょうか?「Wストッパー機能でフルオープン時の移動もスムーズな折れ戸式クローゼットの扉に使用されている丁番金具です。」

安田屋家具店からの返信
お問い合わせのクローゼット金具600円と1150円の違いについてご案内いたします。

まず1150円の金具は、第一世代の一番古い金具の代替金具となります。第一世代の金具の形状は二つの円を重ねた8の字の形状です。

現在の金具との違いは、扉にあいている穴の直径サイズは同じですが、穴の深さが違っています。第一世代の金具の場合、金具の厚みが5mmのため穴の深さも5mmとなります。

一方、機能性、耐久性を改良して生産した第二、第三、第四世代、そして現在の金具の場合、金具の厚みは7mmです。そのため穴の深さも7mmとなります。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 7, 2019 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

クローゼットの折戸の上部と下部に取り付けてあるレールにはめ入れるためのローラー部品の代替商品情報の続きです。破損部品のサイズを確認。

同じだと思われる部品を見つけたのです。

がっ・・・、「大建工業(DAIKEN)」のパーツショップでは部品1個がなんと税込1,620円もするので、もっと安価な代替部品がないかいろいろと探しまくった四代目は、とうとうそれを見つけたのでした。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 5, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

折戸式のクローゼット扉の上下に付いている部品が壊れたと破損した部品を持参してご来店された。

部品を確認すると以前同じ部品を取り換え修理をしたことのあるものだった。クローゼット折戸の上部と下部の木口に部品をはめ入れる穴があいていて、そこに部品の白色の樹脂製部分をはめ入れるものである。

白色の樹脂部分の先には、スプリング構造で樹脂製部分の本体に引っ込むようになっている。

お客様は「他店で代替品を探してもらって購入したのだが、レールにはめ入れる部品上部のクルクルと回る部分のサイズが大きくて使えなかった」と言われた。

えっ・・・、いろんなサイズがあるのか???

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 3, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)