以前ご紹介した、蒔絵入りの本漆塗り座卓の天板塗り直し修理が完了しましたのでご紹介します。

今回のご修理は、天板の一箇所にヘコミ傷ができてしまったので、そのヘコミをなくし、さらに天板全面を本漆で塗り直す作業です。ただし天板の両サイドには朱色の漆絵が描かれているので、その漆絵を消さないようにしなくてはなりません。

詳しくは「座卓のへこみ傷」をご覧ください。

座卓製作の本場、「独楽塗り」「象谷塗り」「後藤塗り」などの漆工芸の本場である四国は高松の職人工房に座卓を送ってから3週間、やっと修理が完了して届きました。厳重な段ポールで梱包してあります。

s-IMG_2390

ドキドキしながら荷物を解くと・・・・、
新品同様になった座卓の天板が見えます。

s-IMG_2425

ちなみに修理前はこんな状況でした。

IMG_3137

この記事の続きを読む »

1月 11, 2015 · Posted in その他の家具修理  
    

先日お預かりし、四国・高松の座卓工場で念入りにリフォーム作業を行っていた70年ほど前の座卓が仕上がり入荷してきたようです。

厳重な梱包が施されていました。
この梱包費用も結構かかるんですよね。
荷解きをします。

梱包内部はさらにプチプチで覆われています。
プチプチを外すと中から・・・・、

この記事の続きを読む »

7月 10, 2012 · Posted in テーブル修理