TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

スライド丁番が取付けられない

引越や大型家具などの宅配を専門に行っているYホームコンビニエンス様から、取外したスライド丁番が元のように取り付けられないので困っているとのご相談がありました。

Y様からのご相談
丁番を外して元に戻す際にネジが入らなくなりました。原因が特定出来ず 同じ丁番はありますでしょうか。 よろしくお願い申し上げます。

安田屋家具店からの返信
丁番が取外し後に取付ができなくなったとのことですが、写真を確認すると家具本体側に取付ける受座金具に、スライド丁番金具と接合するために必要な2本のネジが取付いていません。

そのため接合ができない状態になっている原因と考えられます。

丁番後方に黒色樹脂製部分とバネが見えますので、丁番本体と受座金具はパチンとワンタッチで接合するタイプだと考えられます。その場合、家具本体に扉が取付いていた状態から、扉を取外す際、丁番後方の黒色樹脂部分を押すと、簡単に外れるようになっています。

しかし受座金具に2本の接合ネジが無いことから、取外す際に、この2本のネジを取外して、丁番と受座金具の接合を外したのではないかと考えます。

受座金具後方の黒色樹脂部分を押すと部品が外れると思います。外れた部品を2本のネジで丁番本体に接合した状態にします。その状態で丁番本体を受座金具に押し付けてパチンとしたら接合完了となります。

2本のネジを紛失している場合は、ネジのみの供給ができません。その場合は金具そのものを全て取替える修理となります。まったく同じ金具は無いかもしれませんのでその場合は代替金具での取替となります。

金具の現物を下記住所までお送りください。現物を確認して金具を探します。ご検討ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
9月 8, 2022 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply