TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

今夏最後のビアガーデン

今年の夏の最後のビアガーデンに行きました。
日ごろから気になっていた「柳ヶ瀬ビアガーデン」に始めて行くこととなりました。

安田屋家具店北館をシェアビル「まちでつくるビル」としてリノベーションを行って初めての夏ということで、「まちでつくるビル」入居者と一緒に総勢18名で行きました。

安田屋家具店から歩いて5分ほどの雑居ビルです。
いつも気になっていたのですが入る機会がなかったのでした。ワクワクしてビルの階段を登ると、昭和時代にタイムスリップしたかのような雰囲気漂う階段でした。

2階、3階はエキゾチックなインテリアの飲み屋がありました。
4階にあがると「柳ヶ瀬ビアガーデン」の受付にたどり着きました。
2時間飲み放題、食べ放題で4,000円。

s-IMG_1522

18名全員が揃うまでウェイティングフロアーで談笑。

全員分の料金を支払いチケットを配布。このチケットは帰る時に出口でスタッフに渡さないと出られないということで、無くさないようにとの説明があった。チケットを手にしたらこの階段を登ります。最年長の四代目が先頭を切って、いざビアガーデン会場へ。

s-IMG_1524

用意された席に全員が着席。スタッフからフリードリンク、フリーフードの説明があったあと、2時間のタイムがスタート。18名全員が飲み物コーナーに殺到。一気に18名の長蛇の列が・・・・。四代目は生ビールをゲットして席に戻った。

s-IMG_1525

今日はギャラリーオープンカフェmiraiの店長 タキさんの誕生日。ということで乾杯の発声は、誕生日のタキさんに決定。

タキさん音頭でカンパァーーーイ!!!

s-IMG_1526

テーブルの卓上コンロでは、ぶっといソーセージに、ボリューム満点のポークステーキ、スペアリブ、タンドリーチキン、骨付きロース等を次から次へと焼いていきます。

s-IMG_1527

焼きあがるまでの間、ナチョストマト煮、タコライス、スパニッシュオムレ等、ラテン系の食べ放題メニューをおつまみにそれぞれ談笑。

今日まで「まちでつくるビル」入居の「ミユキデザイン」に一人、「コムラ」に2名のインターンシップにきていた学生3名も参加。今回の学生のガンガンにビールを飲む姿になぜかホッとする四代目でした。

四代目の席では、懐かしく楽しかったバブル時代の話で大盛り上がり。

1時間ほどはガツガツと肉を食べていたが、だんだんと味に飽きてきた。かといって他に簡単につまめるものもなく、生ビールに黒ビールをひたすら飲む四代目でした。歳をとったということでしょうかね。

そのうちライチをひたすら食べる人もでてきました。 7月に行ったグランヴェール岐山のビアガーデンも卓上コンロでの焼肉だったが、1時間もすると飽きてしまう。最近のビアガーデンはテーブル席の卓上コンロで肉などを焼いて食べることが主流のようです。大抵2時間の飲み放題、食べ放題なので、食べるものを焼かせることで時間を費やさせて儲けにつなげる魂胆のようです。

四代目は思うのです。

卓上コンロで焼くよりも、から揚げとか枝豆、焼きそばとか焼き飯、ポテトフライ、ソーセージ、串カツ、焼き鳥などなど手軽に食べられる料理のビアガーデンの方がいいなぁーと。ベタな料理だけど、ビアガーデンにはもってこいですよ。ただ飲食店にとっては食べ飲み放題で簡単に食べられてしまっては、時間をつぶさせることができず儲けが出ないのでしょうね。

四代目が20代のころ、岐阜高島屋の屋上にもビアガーデンがあって、入り口でチケットを購入して、ビールや食べ物をそのチケットで購入したシステムでした。今回の費用4,000円分チケットに交換したら、大満足で飲み食いできたことでしょう。

まっそのうち、今日のような焼き物主流の時間制限での飲み放題、食べ放題のビアガーデンは廃り、昔のような一品一品購入するスタイルに必ず戻っていくと思います。だって、絶対にそのほうがいいからですよ。

はやくそんなビアガーデンが出てこないかなぁーーー。 ちゃんと価値に合った料金設定で支払う時代が来ることを願う四代目でした。

9時30分ころには終了し、シコタマ飲んでほろ酔い加減の四代目。若い入居者は2次会会場へと繰り出したのですが、四代目は彼らの後姿を見送り帰宅したのでした。今日は五十路にはちょっと飲みすぎたようです。二次会にご一緒できず、皆さんごめんなさい。

9月 9, 2014 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply