TOPページ »家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

マルニ アリス背籐張替え

広島に工場があるマルニ木工が製作した食堂椅子「アリス」の背もたれ部分の籐シート張替え修理を承りました。

s-IMG_2690

お預かりした椅子にはマルニのロゴがあります。
1990年代のロゴデザインです。

s-IMG_2691

以前にもお伝えしましたが、本来天然の籐材で編みこんで籐シートは塗装を施さない生地仕上げの状態が伸縮性があり丈夫なんです。籐シートに塗装仕上げを行うと、籐材を塗料でコーティングすることになり、籐材の伸縮性を無くしてしまうので、耐久性が低くなってしまいます。

ところが家具工場では、椅子のイメージを重要視し、木部と同じ塗装色で籐シートも塗装してしまいます。耐久性よりもインテリア性を重要視しているのです。

籐シートの仕上げ方は、木部に彫りこんだ溝に籐シートを入れ込み、籐丸芯をたたき入れて留める「溝決め込み仕上げ」です。籐シートは四つ目編み籐シートを使用しています。

安田屋家具店の専属籐職人工房へ椅子を持っていきます。修理期間は約1週間。後日、仕上がり具合をご覧ください。

今回の張替え費用は1脚税込み16,800円です。

6月 5, 2015 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

One Response to “マルニ アリス背籐張替え”

  1. […] 張替前の生地はこちらをご覧ください。 […]

Leave a Reply