TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

ウィンザーチェア座割れ

30年前くらいの飛騨の家具(ダイニングテーブルと椅子)の事でメールします。
写真を添付しましたが、見難いかもしれませんので、詳細を説明します。椅子の腰かける部位が、背もたれ部分から手前に中央にひびが入り、完全に割れてしまっています。(原因は不明ですが、最近引っ越しを業者に依頼し、別の家具の割れは確認)

s-DSC_0100
s-DSC_0102

接着剤を使用しても圧着させる道具が無いので家具修理屋さんではどれくらいの費用が掛かるのかを教えて下さい。また、希望の値段に近ければ、持ち込みでの修理を考えていますので、宜しくお願いします。

安田屋家具店からの返信
板座の割れは、接合箇所の接着剤の力が弱くなったことと、木部の伸縮が原因で発生します。

修理方法は強力な接着剤を使用し固定治具で再接着します。また座面裏面に割れた箇所をまたいで補助木を取付けます。補助木はあまり目立ちません。尚、木部の伸縮があるので、際接着をした場合、接合部にわずかな段差が生じますことをご了承下さい。

s-IMG_9396
s-IMG_9397

修理費用は1脚税込み8,000円です。(2015年10月時点)
往復の送料は別途必要となります。
修理期間はお預かり後4日前後です。

11月 13, 2015 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply