TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

テーブル天板修理

安田屋家具店ホームページでご紹介しているダイニングテーブル天板修理の過去記事をご覧いただいてのご相談が最近増えています。

今回はS様よりリビングテーブル修理のお問合せでした。
40×70のリビングテーブルにカッターで切った小傷が若干ついています。天板の塗装でおいくらくらいかかりますか?  テーブルは白、1万円くらいのものです。

安田屋家具店からの返信
ビングテーブル天板修理ですが、カッターの傷の深さがどの程度あるか、天板の素材が何であるかが問題となります。

テーブル天板の修理方法としては、天板表面を削り落とします。この時に浅い傷の場合は削り落とすことで消えますが、深い傷は残る場合があります。天板素材が無垢材であれば、深い傷がなくなるまで削り落とすことが可能ですが、天板表面が突板材の場合は、深く削ると下地が出てしまいますので、傷が残ってしまいます。

天板表面を削った後、現状と同じ塗装色で仕上げます。塗装以外の方法としては、削った天板表面にメラミン化粧板を重ね貼りします。この方法であればまったく新しい天板表面材となますので、傷は全てなくなります。ただメラミン化粧板の厚み2mmほど、木口が見えることとなります。

修理金額は現物を見ていないので正確な金額ではありませんが、700×400mmの天板の場合、最低でも税込み25,000円~35,000円程ではないかと思います。往復の送料が別途必要となります。

テーブルの金額が1万円くらいとのことなので、修理金額の方が高価になってしまいますので、ご修理はあまりお勧めできません。ご検討賜りまして、ご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。

5月 17, 2016 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply