TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

KYOWA 丁番金具HG-613-5

以前にもご紹介した特殊な形のアングル丁番金具が破損したとのお問い合わせがあった。かなり古い金具のようです。

K様より
食器棚の扉の蝶番が壊れました。
自分で修繕したいので、現存する蝶番で合うものを購入したいです。食器棚の壊れた蝶番は添付の写真のとおりです。

蝶番表面 蝶番裏面
 
KYOWA HG-613-5
カップ径29mm
扉T17mm

蝶番横図 食器棚の扉側

どの蝶番を購入すれば良いか教えて頂きたく、お願い申し上げます。蝶番の寸法は、御社のアングル蝶番 16-15 の寸法と比較するなら、「15-15」というところです。何卒よろしくお願いいたします。

安田屋家具店からの返信
破損金具の写真を確認しました。特殊なアングル丁番金具の形なので、残念ながら同じ金具は現存していません。また扉の穴に金具をはめ込んだ後、金具を固定するためのネジ止め位置が現在の金具と違っています。破損した金具は扉の穴の外側となっていますが、現在の金具では扉の穴の中にネジ止めとなっています。ただ取り付けに際しては差ほど問題はありません。

サイズが15-15であれば、「16-15」サイズで代替できるものと思います。ただし扉にあいている穴の直径が29mmですと、穴を彫り広げる作業が必要となります。

現在の代替金具の場合、扉にあいている穴の直径(扉の上下方向)が35mm、扉の端から穴の先端まで(扉に対して前後方向)が、24mmとなります。そのサイズの穴に金具の円形部分をはめ込みますので、金具が穴にはまるように穴を彫り広げる必要があります。

16-15-2
穴を彫り広げられれば「16-15」サイズで代替できるものと思います。破損金具の場合、扉に取り付けるネジ部分は穴の外側に3箇所のネジ止めとなっています。代替金具の場合は、穴の中に3箇所のネジ止めに変更となりますが、取り付けに関しては問題ないものと思います。

扉の穴が彫り広げられるかが重要です。電動ルーターのような工具があれば簡単に出来ますが、手彫りでは時間のかかる作業となります。

ptools_3709 IMG_1987

金具は1個税込み450円です。送料が別途必要です。在庫はございますので連休中でも直ぐに発送できます。お買い求めは365日24時間いつでもネットショップYasudaya-BASEでご注文いただけます。

baseロゴjpg

お客様より追伸
電動ルーターを持っていないので、穴を広げる作業をどうするか検討してみます。御社の16-15蝶番が対応可能とのことで安心しました。購入につきましては、H.P.より行わせていただきます。大変丁寧なご対応をありがとうございました。

5月 19, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply