TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

続 FAP刻印スライド丁番

FAP刻印のある破損したスライド丁番のご相談をいただいたF様から、金具の現物が届きました。

金区の形状から、扉が家具本体の内側に入る「インセットタイプ」の金具です。

お客様からお送りいただいた写真では、受座金具の構造がよくわかりませんでしたので、現物をじっくりと確認します。

受座金具が二つに分かれる構造でした。

早速お客様にご連絡です。
お預かりしていますスライド丁番を探しましたところまったく同じ金具はすでに生産中止で、現存もしていませんでした。

しかし他工場の金具で、ほぼ同じサイズの金具を見つけましたので、この金具で取替修理が可能です。

尚、見つけました代替金具も今月に生産終了となりました。工場在庫の金具も各地の金具問屋に発送されたため、いずれ無くなります。

当店専属の金具問屋にはありましたので確保しました。破損金具とほんのわずかなサイズ違いがありますので、扉2枚分、金具合計6個を同時期に全て取替える必要がありますのでご了承ください。 【つづく】

関連記事
FAP刻印スライド丁番
続々 FAP刻印スライド丁番

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
4月 7, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply