TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

丁番18-19??、18-24どっち

H様から、洋服たんすの扉に使用されている破損した丁番金具の裏側に「18-19」と刻印があるが、あきらかにサイズが違うのではないかとのお問い合わせがありました。どういうことなんでしょうね。

H様からのお問合せ
こんにちは。
洋服タンスのアングル丁番が破損し、ホームセンターなどに代替品がなくて困っています。 扉より側面が厚いもので、実寸では18×24が最適と思われます。カップ径は35mmです。

刻印はなぜか18×19とありますが、そのサイズでは側面の厚みに合いません。

適合するものはあるでしょうか。 なお、写真は破損した現物を接着したものです。 よろしくお願いいたします。

安田屋家具店からの返信

金具の刻印「18-19」は、あきらかにおかしい数字ではないかと写真から推察します。

添付写真の(A)扉側サイズが18mm(金具の厚みの上から下方の折れ曲がった部分にある接合ピンの中心までのサイズ)、(B)家具本体側が24mm(金具の厚みの下から下方の折れ曲がった部分の先端までのサイズ)でしょうか。サイズをご確認の上、再度ご連絡ください。

サイズが(A)18mm、(B)24mmだとすると残念ながら代替金具も含めてこのサイズの金具は現存していません。それ以外のサイズの場合はサイズをご連絡ください。

金具が現存していない場合の修理方法は、現在主流のスライド丁番金具に取り替えることによって修理が可能となります。ただ「アングル丁番金具」から「スライド丁番金 具」に取り替えるという方法は、扉の丁番金具を全て取り替える必要と、扉に金具を取り付けるために彫り込んで あるカップの大きさが違いますので、彫り直しをしなくてはなりません。

またどのタイプのスライド丁番金具を使用するか、取付方法についても専門的な知識と技術が必要になります。お客様自身での取替えは難しいので、そこはプロに任せた方が修理費用は安価で、確実に修理できるのでお勧めします。

そのためには、ご自宅界隈の昔から続いている小規模な家具店、もしくは家具修理専門店にご相談されるとよろしいかと思います。

アングル丁番金具をスライド丁番金具に取り替える修理内容はそれほど難しいものではありませんので、当店でもよく行なう修理方法です。ただし今主流のインテリアショップでは修理不可能ですが、昔から続いている街の家具屋さんであれば、当然修理方法は知っておりますので、ご相談されれば「アングル丁番金具」を「スライド丁番金具」に取り替えることはできるものと思います。ご参考になれば幸いです。

「家具修理」で検索されるとご自宅近くの家具修理店に行き着くと思います。お役に立てる情報であれば幸いです。

H様からご返信
早々にご丁寧な返信をいただきありがとうございます。ホームページを拝見して信頼できるお店だと感じましたのでご連絡させていただきました。

ご相談したアングル丁番はご指定の採寸方法で18*24です。残念ですが代替品はないということですね。タンスは2棹あり、いずれも観音開きでほとんどの丁番が同時期に破損してしまいました。一斉に金属疲労したようです。

ご案内通り、近所の家具修理専門店など探してみます。

この度はご丁寧なご案内、ありがとうございました。相談してよかったです。私の住まいは東京の三鷹ですが、岐阜市に仕事で行くことも多く、知人も住んでおりますので勝手な親近感もありました(笑)

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
6月 12, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply