TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

ポールハンガー修理

Y様から木製コートハンガーの接合部の修理に関するお問い合わせがありましたのでご紹介します。

Y様からのお問合せ
コートハンガーの一部金具が紛失して固定できなくなっています。

ホームセンターで部品を探したのですが無くて困っています。 修理したいのですが可能でしょうか。 よろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信写真を確認しました。
写真を見た時に「ニーチェアー」のスツールが写っているのを見て、久しぶりに懐かしく思いました。37年前に勤めていた横浜 伊勢崎町の「双葉家具」で数多く販売したのを思い出してしまいました。いや、ホント、懐かしい。

さて支柱下部から飛び出ている接合用のボルトを確認すると、先端がとんがっていて、ネジピッチも荒くなっているのが見えます。

そのことから、支柱頭部の穴があいている部分に受け金具が入っていて、その受け金具に接合ボルトを付けるのではないことが考えられます。

支柱頭部の穴に接合ボルトをねじ込んで入れて固定してあり、そのボルトを支柱下部の穴に入っている受け金具にネジ入れて接合する仕組みです。ねじのピッチが受け金具用のピッチではなく木部に直接ねじ込むためのピッチですので、支柱頭部の受座金具は存在しません。

修理方法ですが、まずペンチなどで支柱下部から突き出ているボルトの先端をつかみ、時計と反対に回して、ボルトを支柱下部の受け金具から取外します。

その後、支柱頭部の穴を丸棒を使用して一旦埋めてしまいます。その後少し下穴をあけて取外したボルトをねじ込んで固定させます。

これで修理完了となります。
通常の組立時と同じように、支柱頭部から突き出たボルトを支柱下部の受け金具に差し入れて時計回りに回せば接合完了です。

破損した原因は、支柱頭部を支柱下部に接合する際に強く回し過ぎたか、何度も接合、取り外しを繰り返したことで、支柱頭部にねじ込んだ接合ボルトの穴が次第に大きくなってネジが空回りして、抜けたものと考えられます。ボルトを使用した接合ではよくある破損です。

修理についての問題は、支柱頭部の穴を埋めた後にボルトがきちんと固定できるかです。穴を埋めた後にボルトをねじ込むため、埋木材が取れてしまうとボルトが固定できないからです。

同じような修理は何度も行っていますので今回のご修理も可能だと思います。修理費用は税込み5,000円~9,000円だと思います。価格の違いは破損状況による手間がどれだけかかるかによって異なるためです。往復の送料が別途必要です。

尚、岐阜市近郊であれば当店より引取・お届けは無料で行います。ぜひご検討ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
9月 27, 2020 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply