TOPページ »商品紹介 » リビングルーム » この記事

テレビドラマ「ギルティ」の家具

 家具屋の性格なんでしょうね、テレビドラマや映画を見る場合、必ずといっていいほど小道具として画面に写っている家具に目がいってしまいます。特にテレビドラマの場合は頻繁に見る機会が多いため、ついつい「あっ、この家具○○社製の△△商品だ」なんて言ってしまいます。家族もほとほとあきれています。

 テレビドラマで使用される家具の中で、どういうわけか「マルニ」製の家具が多いと思います。ヨーロピアンデザインが特徴があるからなのでしょうかね。クラッシックタイプデザインの家具は、必ずといっていいほど、お金持ちの家の応接セットとして使われていますね。

 そしてつい先日最終回でした火曜日夜10時からの連続ドラマ【 ギルティ 悪魔と契約した女 】 に使用してあったリビングソファーに、なんと安田屋家具店でも展示してあるソファーが写っていました。思わず「あっ! モリシゲのアークだ」。 一般の方にはなじみが薄いかもしれませんが、家具屋さん仲間ならわかりますよね。もしもわからない家具屋さんの人だったら、勉強不足ですよ。

安田屋家具店に展示してある両肘チェアーの「アーク」シリーズです。

ドラマに写っていたのはこんな感じでした。

 このリビングセットは最終回近くに登場してきました。
 菅野美穂演じる主人公「野上芽衣子」を殺人犯にでっち上げた黒幕、三沢法務副大臣の自宅のリビングルームの家具として使用されていました。モリシゲの家具がテレビドラマに使用されることはあまりないですね。今回もそうですが、過去にもモリシゲの家具が使用された場合、その家はお金持ちの家という設定が多いですかね。一般人の家の設定でモリシゲの家具が使用されたことはないですね。

 ドラマで使用される家具は、レンタルで使用されるみたいです。
 25年ほど前に横浜の双葉家具で修行したいたとき、テレビドラマのADなのかディレクターなのかわかりませんが、関係者が家具を物色して、テレビドラマで使用したいので借りられませんかと言われたことがありました。社長のOKが出て、選ばれた家具を撮影場所まで届けたことがあります。当然届けた数日後、撮影が終わってから家具を引取りにも行きました。その時「テレビに映っている家具はこうして家具屋さんから借りるんだ」という事実を知ったのでした。

この「アーク」シリーズの概要は・・・・・、
3人掛ソファー(幅2300、奥行870 高さ670、座高360㎜) 税込477,750円
2人掛ソファー(幅1690、奥行870 高さ670、座高360㎜) 税込372,750円
両肘チェアー(幅1085、奥行870 高さ670、座高360㎜) 税込267,750円
センターテーブル(幅1426、奥行826、高さ350) 税込477,750円

 安田屋家具店ではお値打ちに販売していますので、気になる方はぜひお問合せください。もちろん展示もしていますので、テレビドラマ【 ギルティ 悪魔と契約した女 】に使用された家具を見られるだけでもいいですよ。お待ちしています。

12月 24, 2010 · Posted in リビングルーム  
    

Comments

Leave a Reply