TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

実況中継8

入院3日目の朝は、昨日と同じ朝6時に体温と血圧を測りに看護師さんがやって来て目覚めた。

検査後はしばらくうたた寝。8時になると朝ごはんが配られた。今日のメニューは、食パン2枚にハチミツ、キャベツ・キュウリ・ハムの野菜サラダ、トマト・玉ねぎ・白菜のコンソメ野菜スープ、牛乳でした。

食べ終わるりしばらくして、味覚と脳波検査に行きました。味覚検査は、舌に電極を当て刺激を与えて味覚の有無や強弱を検査するものでした。

アッカンべーみたいに舌をベロ〜ンと出して、舌表面のあちこちに金属棒を当てられます。多分電流を流して刺激を与えるんだと思いますが、刺激が与えられた瞬間、すっぱいような鉄を舐めたような味がします。その味がした瞬間に手に持たされたボタンを押します。

味覚検査後は、脳波検査でした。頭に電極を付けて測定します。手首に取付た電極から電流が流れると親指・人差し指がピクピクと痙攣している中で検査します。右手・左手と片側づつ行います。

次は、聴神経を検査するためにヘッドフォンをします。リラックスするために部屋の電気は消され真っ暗になりました。片耳づつカチカチカチカチという音が響きます。約30分位検査が続きました。

検査が終わり、午後1時30分からの悩血管造影カテーテル検査まで待機です。

1月 14, 2011 · Posted in 四代目のつぶやき, 聴神経腫瘍闘病記  
    

Comments

Leave a Reply