昨年2011年3月3日に、東京警察病院で、河野道宏先生の執刀で四代目の「聴神経腫瘍摘出手術」が行なわれてから早いものでもう1年が過ぎてしまいました。3月28日に手術後1年検診のために、久しぶりに東京 中野駅北口に降り立ちました。

中野駅北口界隈は、大規模な再開発が行なわれています。1年が経過して、北口周辺の工事も慌しくなっていました。昨日自宅にて「東京警察病院」のホームページを閲覧していたら、再開発で開通した道路があり、東京警察病院までの近道ができたことを知りました。その情報を元に歩いてみました。まずは北口を出たら、真っ直ぐに中野サンプラザを目指して進みます。

中野サンプラザを過ぎた初めての三叉路を左折します。

この記事の続きを読む »

4月 9, 2012 · Posted in 聴神経腫瘍摘出手術 退院後  
    

今日、12月25日の昼食時にテレビをつけた。
すると画面に、な、な、なんと四代目の主治医である「河野道宏」先生が映し出されているではありませんか。思わず箸を止めて見入ってしまいました。

ツーショット

チャンネルは6チャンネルのメーテレ(東京であればテレビ朝日になりますね)のお昼の番組「ワイドスクランブル」でした。山本晋也監督の「山本晋也の人間一滴~”脳外科手術で最も難しい”といわれる『聴神経腫瘍』の専門医」としての出演でした。撮影場所は四代目が手術を受けた東京警察病院ではなく・・・、残念・・・、河野道宏先生が移られた現在の東京医科大学病院でした。

番組の内容としては、
脳腫瘍の中でも、摘出がもっとも難しいと言われている「聴神経腫瘍」。10万人に1人が発症するというこの腫瘍を取り出す手術は、わずかなミスも許されない超難関の手術だそうです。河野道宏(こうの・みちひろ)医師は、一般的な脳外科医が一生に何度も経験しないという「聴神経腫瘍」の難手術を、年に100件以上こなすエキスパート。「聴神経腫瘍」自体は良性の腫瘍ですが、脳内で聴神経を圧迫し、聴力低下や耳鳴りや歩行障害などを引きおこします。また腫瘍の背後には、聴神経だけでなく、顔面神経も存在しています。万が一、その顔面神経を傷つけてしまうと一生顔面麻痺に悩まされてしまうのです。

ワイドスクランブル

手術は、患者の顔面神経に電極を繋ぎ、顔面機能の反応を持続的にチェックしながら行われます。メスなどが顔面神経に触れると、警告音が鳴るシステムを駆使しながら、「総合的に自分の経験も入れて、こちらが手術を続けるかどうかの判断をします」。「聴神経腫瘍」の摘出手術を年に100件以上こなしている河野医師だからこその経験値で、腫瘍を取り出していくのです。密着取材した手術は実に7時間半もの大手術でしたが無事に終了。患者の脳にあった腫瘍は95%取り除かれたそうです。「本当はいつも100%を狙っているんですが、今回は顔面神経の広がりが結構強かったものですから、無理をしない方向で」。「確実に摘出できれば治る腫瘍ですが、100%いつも良い結果が出るとは限らない場所です。ですから、その成功率を高くするのが僕らの仕事なんですね」

この記事の続きを読む »

    

6月30日(木曜日)、四代目の聴神経腫瘍の年に一度の定期検診のため東京警察病院に出張となります。

そのため安田屋家具店ネットショップ「Yasudaya-BASE」店での商品発送ができません。7月2日の商品発送となります。お急ぎのところご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。

s-IMG_3310

2011年3月3日に聴神経腫瘍摘出手術を行ってからすでに5年3ヶ月が経過しました。今回の定期検診も5回目となります。

聴神経腫瘍が見つかった時のレントゲン写真左中央に聴神経腫瘍の大きな白いものが写っていましたが・・・・、

IMG_0459 コピー

昨年5月の4回目の定期検診では、聴神経腫瘍の再発はありませんでした。

この記事の続きを読む »

6月 30, 2016 · Posted in 聴神経腫瘍摘出手術 退院後  
    

四代目は6月30日に「聴神経腫瘍」の手術後5年目検診のために東京警察病院 脳神経外科 河野道宏先生の外来検診を受けに上京しました。

2011年3月3日に河野先生による聴神経腫瘍摘出手術を受けてから、すでに5年と3ヶ月が経過しました。手術により右耳の聴力はなくなりましが、それ以外は手術前とまったく変わらない生活を過ごしています。

これも河野先生によって聴神経腫瘍を全摘出していただけたおかげです。本当に感謝しております。

6月30日には午前10時30分から造影剤を入れてのMRI撮影をしました。そして河野先生の外来検診は午後3時からの予約となっていましたので、それまで中野駅界隈をブラブラ散策することにしました。

今から38年前、四代目18歳の時に大学進学のため練馬区豊玉中に下宿していて、通学時はこの中野駅を使用していたので、いわば第二の故郷みたいなものです。中野駅南口はすっかりと変わりましたねぇー。

そういえば安田屋家具店が立地する美殿町にある履物屋さん「小川屋本舗」の若旦那も、大学進学のため中野坂上近辺に下宿していて、四代目と同様に中野駅は第二の故郷だそうです。

s-IMG_5777

「小川屋本舗」の若旦那さん、当時アダルト映画を上映していた映画館は10階建てのオシャレなビルが建っていましたよ。

この記事の続きを読む »

7月 29, 2016 · Posted in 聴神経腫瘍摘出手術 退院後  
    

もう6年も経過したんですね。
光陰矢の如しです。

6年前の今日、2011年3月1日、四代目の聴神経腫瘍の摘出手術のために東京警察病院に入院した日です。あの時は不安でいっぱいでした。頭蓋骨に500円玉程度の穴を開けて、脳をちょいと持ち上げて、良性腫瘍の聴神経腫瘍を取り除くって言う大手術ですからね。

頭蓋骨に穴開けられる手術に不安を感じない人はいないでしょう。でもあの不安な日から6年が経過した今日、手術前となんら変わらない生活を送っています。これも聴神経腫瘍のスペシャリスト「河野道宏」先生のおかげです。

本当に良き主治医にめぐり合うことができた、インターネットの力と神様、ご先祖様に感謝するばかりです。

今年6月に東京警察病院で手術後6年目検診に、河野道宏先生の外来診察に行ってきます。

今は東京医科大学病院 脳神経外科主任教授になられ、毎日診察、手術、検診、授業と超多忙な日々を過ごされている河野道宏先生なので、1年前から外来検診予約を入れないと希望する日が予約できません。でもって1年後の河野先生の予定は確定しているわけでもなく、なかなか確実に希望日の予約が取れなかったです。

タフな河野先生ではあるものの、四代目と年齢はほぼ同じお年頃。河野先生のお体を心配してしまいます。6月の外来検診でお目にかかれるのが楽しみです。でももう覚えてないだろうなぁ。

 

3月 1, 2017 · Posted in 聴神経腫瘍摘出手術 退院後